Life News

世界の停電発生回数

 世界では都市が必要とする電気需要が電気供給量を超えてしまい、月に何度も停電が発生する国が多く存在します。停電により工場の操業が止まってしまう会社も多く、停電によりGDPが4%程度低下する国も存在します。

 世界では月に何度停電が発生するのでしょうか?

記事の内容

世界の企業で月に停電を経験する回数ランキング
各国の企業で月に停電を経験する回数

世界の停電発生回数

停電が起きる回世界一はパキスタン世界二位はバングラデシュ世界三位はパプアニューギニアです。

世界で停電が起きる回数
Power outages in firms in a typical month (number)

企業が月に
停電する回数
(回)
1パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
75.20
2013年
2バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
64.50
2013年
3パプアニューギニア
(Papua New Guinea)
Population: 8,776,100
41.90
2015年
4イラク
(Iraq)
Population: 39,309,800
40.90
2011年
5イエメン
(Yemen)
Population: 29,161,900
38.80
2013年
6ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
32.80
2014年
7中央アフリカ
(Central African Republic)
Population: 4,745,200
29.00
2011年
8ベナン
(Benin)
Population: 11,801,200
28.00
2016年
9ニジェール
(Niger)
Population: 23,310,700
22.00
2017年
10ガンビア
(Gambia)
Population: 2,347,700
21.10
2018年
11ブルンジ
(Burundi)
Population: 11,530,600
16.60
2014年
12パレスチナ
(Palestine)
Population: 4,981,400
16.20
2019年
13インド
(India)
Population: 1,402,862,229
13.80
2014年
14ザンビア
(Zambia)
Population: 17,861,000
13.30
2019年
15コンゴ共和国
(Republic of the Congo)
Population: 5,380,500
12.30
2013年
16アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
11.50
2014年
17ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
11.00
2016年
18ブルキナファソ
(Burkina Faso)
Population: 20,321,400
9.80
2009年
19シエラレオネ
(Sierra Leone)
Population: 7,813,200
9.10
2017年
20タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
8.90
2013年
21ガイアナ
(Guyana)
Population: 782,800
8.50
2010年
22ガーナ
(Ghana)
Population: 30,417,900
8.40
2013年
23エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
8.20
2015年
24南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
7.70
25カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
7.60
2016年
26ドミニカ共和国
(Dominican Republic)
Population: 10,780,000
7.40
2016年
27マラウイ
(Malawi)
Population: 18,628,700
6.70
2014年
28マダガスカル
(Madagascar)
Population: 26,969,300
6.70
2013年
29ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
6.30
2013年
30セネガル
(Senegal)
Population: 16,296,400
6.00
2014年
31モーリタニア
(Mauritania)
Population: 4,525,700
5.30
2014年
32ギニアビサウ
(Guinea-Bissau)
Population: 1,920,900
5.20
2006年
33ソロモン諸島
(Solomon Islands)
Population: 669,800
4.90
2015年
34ミクロネシア連邦
(Micronesia)
Population: 113,800
4.80
2009年
35アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
4.70
2010年
36ガボン
(Gabon)
Population: 2,172,600
4.60
2009年
37サモア
(Samoa)
Population: 197,100
4.60
2009年
38ギニア
(Guinea)
Population: 12,771,200
4.50
2016年
39リベリア
(Liberia)
Population: 4,937,400
4.50
2017年
40チャド
(Chad)
Population: 15,946,900
4.50
2018年
41ジンバブエ
(Zimbabwe)
Population: 14,645,500
4.50
2016年
42マリ
(Mali)
Population: 19,658,000
4.20
2016年
43セントクリストファー
ネイビース
(Saint Kitts and Nevis)
Population: 52,800
4.20
2010年
44ボツワナ
(Botswana)
Population: 2,303,700
4.10
2010年
45スリランカ
(Sri Lanka)
Population: 21,323,700
4.10
2011年
46ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
3.80
2018年
47コソボ
(Kosovo)
Population: 8,772,200
3.80
2019年
48エスワティニ
(Eswatini)
Population: 1,148,100
3.70
2016年
49コートジボワール
(Ivory Coast)
Population: 25,716,500
3.50
2016年
50スーダン
(Sudan)
Population: 42,813,200
3.40
2014年
51カーボベルデ
(Cape Verde)
Population: 549,900
3.20
2009年
52アルジェリア
(Armenia)
Population: 43,053,100
3.20
2007年
Enterprise Surveys - World Bank 2021年
http://data.worldbank.org/data-catalog/world-development-indicators

各国の企業が停電を起こす回数


 日本では考えられませんが、世界では日常茶飯事に停電が発生する国が多く存在します。

パキスタンが停電を起こす回数


 パキスタンは2013年に月に75.20回停電が発生しています。

 パキスタンでは慢性的な電力不足のために停電が頻繁に発生しています。病院などの重要な施設は停電時のバックアップ用の電源を常備していて、パキスタン南部のカラチ市の主要病院では、48時間から72時間の間利用する事が可能になっています。

 2013年のパキスタン電力供給能力は16,000メガワットで、ピーク時の電力需要は21,000メガワット以上とされています。電力不足による計画停電がおこなわれ、工場などが操業停止を余儀なくされています。

 パキスタンのエネルギー供給の多くが天然ガスや石油です。パキスタン政府は2016年4月にパリ協定に署名し、2030年までに温室効果ガス排出量を2014-2015年度比で最大20%削減することを約束しています。近年、パキスタンでは気候変動などにより、洪水、干ばつ、熱波などが多発していて、2018年までの20年間の間で、最も気候変動の影響を受けた国の一つです。

バングラデシュが停電を起こす回数


 バングラデシュは2013年に月に64.50回停電が発生しています。

 バングラデシュでも慢性的な電力不足が発生していて、頻繁に停電が発生しています。電力不足により、首都のダッカでは電気三輪車が禁止され、自転車やトゥクトュク(三輪タクシー)、ガスを燃料とした三輪車が利用されています。

 バングラデシュでは電力供給の多くが天然ガス、石炭、原油などの化石燃料によりまかなわれています。現在パキスタンでは原子力発電所が建設中です。2025年には原子力による電力供給も行われる予定ですが、需給量は石炭や石油に比べ低く、2025年以降も多くの化石燃料が使用される予定になっています。

パプアニューギニアが停電を起こす回数


 パプアニューギニアは2015年に月に41.90回停電が発生しています。

 パプアニューギニアでは、国全体の電力をPNG Power Limited (PPL)が賄っており、災害などによる発電所のトラブルが多く発生し、頻繁に停電が発生しています。

 停電による工場などの操業のストップ、非常に長い停電によるストレス、予告なしの停電などによる住民の不満も多く、大きな問題になっています。

 電力不足も慢性的に発生していて、代替エネルギーとして太陽光パネルなどが地元企業を通して販売されています。

イラクが停電を起こす回数


 イラクは2011年に月に40.90回停電が発生しています。

 イラクでは夏に熱波に見舞われ、気温は最大52度を観測しています。酷暑の中での作業は非常に危険で、労働時間の短縮する処置などが国や企業によりおこなわれています。

 電力需給の不足やトラブルにより停電が頻繁に発生するため、市民は自家発電による電力の供給をおこなっていますが、燃料の不足などにより自家発電装置も停止するなどの問題が発生しています。停電が多い南部地域のバスラでは、人々が抗議のために街頭や油田近辺に集まり、タイヤなどを燃やすなど過激な行動がおこなわれ、幹線道路が封鎖されるなど大きな問題になっています。

 イラクでは供給量を上回る需要以外に、非常に高い気温により配線などが溶けるなどの問題が発生していています。政府は猛暑のために緊急に祝日にしてしまうなどの対策がとられ、市民は服を濡らして日陰のコンクリートに寝そべるなど、暑さを乗り切るために様々な工夫をしています。

イエメンが停電を起こす回数


 イエメンは2013年に月に38.8回停電が発生しています。

 イエメンは発電所のディーゼル燃料の枯渇のため、頻繁に停電が発生しています。イエメンでは停電を防ぐためにサウジアラビアから燃料の供給に著名するなど、慢性的な電力不足に陥っています。

 イエメンでは不足している電力を補うために、車のバッテリーを家庭の電気に使うなどが当たり前になっています。一部の家庭では一日に1時間から2時間程度しか電気が利用できず、冷蔵庫などやエアコンが使えない家庭が多く存在してます。

まとめ


 日本でも夏場には電力不足が発生する恐れがあります。福島の原発事故により、原子力発電の利用は反対派が多く、火力発電は環境問題につながります。再生可能なエネルギーによる発電では国内の需要を賄う事は現時点では不可能です。

 今回は以上です。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Life, News