Food Life

世界のタロイモ 生産量ランキング

世界ではサトイモ科の植物です。日本では「煮物」などに利用される事が多くなっていますが、世界ではタロイモを主食の一つとして消費している国も多く存在します。

世界ではどの国がどれくらいタロイモを生産しているのでしょうか?

世界のタロイモ
生産量 ランキング


世界のタロイモ生産量
世界一位 ナイジェリア
世界二位 エチオピア
世界三位 中国


世界のタロイモ 生産量ランキング
Taro - Production (tonnes/year)

生産量
(トン)
(t)
2020年
世界合計12,838,664
1ナイジェリア
(Nigeria)
3,205,317
2エチオピア
(Ethiopia)
2,327,972
3中国
(China)
1,924,942
4カメルーン
(Cameroon)
1,815,246
5ガーナ
(Ghana)
1,251,998
6パプアニューギニア
(Papua New Guinea)
281,686
7ブルネイ
(Brunei)
243,251
8マダガスカル
(Madagascar)
227,304
9ルワンダ
(Rwanda)
188,042
10中央アフリカ
(Central African
Republic)
133,507
11日本
(Japan)
133,408
12ラオス
(Laos)
125,093
13エジプト
(Egypt)
119,425
14ギニア
(Guinea)
117,529
15フィリピン
(Philippines)
107,422
16タイ
(Thailand)
99,617
17コートジボワール
(Ivory Coast)
89,163
18ガボン
(Gabon)
86,659
19コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
69,512
20フィジー
((Fiji)
53,894
21ソロモン諸島
(Solomon Islands)
44,862
22台湾
(Taiwan)
38,357
23ニカラグア
(Nicaragua)
30,638
24リベリア
(Liberia)
28,002
25チャド
(Chad)
24,856
26サモア
(Samoa)
21,774
27トーゴ
(Togo)
17,452
28ドミニカ国
(Dominica)
12,684
29コモロ
(Comoros)
10,984
30サントメ
プリンシペ
(Saint Thomas
and Prince)
9,299
31ガイアナ
(Guyana)
9,220
32南アフリカ共和国
(South Africa)
9,220
33ホンジュラス
(Honduras)
6,352
34トリニダード
トバゴ
(Trinidad
and Tobago)
4,259
35トンガ
(Tonga)
3,462
36シエラレオネ
(Sierra Leone)
3,000
37ニウエ
(Niue)
2,808
38キリバス
(Kiribati)
1,942
39ミクロネシア連邦
(Micronesia)
1,942
40ベナン
(Benin)
1,837
41アメリカ
(America)
1,346
42モーリシャス
(Mauritius)
1,227
43レバノン
(Lebanon)
739
44ニューカレドニア
(New Caledonia)
460
45セントルシア
(Saint Lucia)
300
46バルバドス
(Barbados)
89
47パレスチナ
(Palestine)
37
48モルディブ
(Maldives)
8
出典: United Nations Food and Agricultural Organization (FAO) 2020年から作成
https://www.fao.org/faostat/en/#data/
©FAO

各国のタロイモ 生産量


タロイモの重さ・エネルギー

タロイモの重さは一個約45gで、エネルギーは約21Kcalです。


タロイモの語源

「タロイモ」のタロとは、芋という意味で、ポリネシア系の言語が由来です。原産はマレー地方と言われていますが、諸説あります。


日本のタロイモ

日本では一般的に「サトイモ」として知られています。タロイモの多くには「シュウ酸カルシウム」と言われる物質を含んでおり、シュウ酸カルシウムの細かい「棘」が口の周りなどに刺さり「かゆみ」などを引き起こします。種によっては多くのシュウ酸カルシウムを含むイモが存在し、有毒植物として扱われています。


シュウ酸カルシウムは様々な食品に含まれる

シュウ酸カルシウムは様々な食品に含まれます。取りすぎには注意が必要で、バランスの良い食事を心がける事が大切になります。

ナイジェリア
タロイモ 生産量


2020年にナイジェリアは3,205,317トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの24.96%がナイジェリアで生産されています。

タロイモはナイジェリアで利用されている英語で「Taro(タロ)」です。


ナイジェリアのタロイモ生産

ナイジェリアでは「イモ」を多く主食にする国で、「タロイモ」「ヤムイモ」「キャッサバ」なども多く消費されます。これらは厳しい環境でも栽培しやすい植物で、アフリカの多くの国々で生産されています。


食べ方

アフリカの多くの国々ではイモをすり潰し、「餅状」にした「Fufu(フフ)」などが良く消費されます。フフは国によって名称や原料が異なりますが、タロイモもフフの原料として利用されます。


種類が多いため混同されがち

スコットランドは「ヤムイモ」も「ジャガイモ」と呼ばれています。また、アメリカでは「サツマイモ」を「Yam(ヤム)」と呼ぶ地方がありますが、これはアフリカ系の移民がヤムイモに似ているサツマイモを「ヤム」と呼んでいた名残りで、アメリカでヤムイモはあまり販売されていません。


ナイジェリアのタロイモ生産地

ナイジェリアでは主に南部でタロイモ生産がおこなわれています。ナイジェリアでは人口増加が続いており、今後も生産量が増加すると思われます。

エチオピア
タロイモ 生産量


2020年にエチオピアは2,327,972トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの18.13%がエチオピアで生産されています。

タロイモはエチオピアで利用されているアムハラ語で「ታሮ(タロ)」です。


エチオピアのタロイモ生産地

エチオピアでは主に南部・南西部でタロイモ生産がおこなわれています。近年タロイモの生産量が増加しており、今後も生産量が増加すると思われます。


コーヒーの有名な生産地

エチオピアではコーヒー生産が有名です。タロイモの生産はエチオピアの作物の多様化の一環で栽培が促進されています。近年穀物の価格が上昇しており、エチオピアでは自国で栽培が可能な作物の増産がおこなわれています。

中国
タロイモ 生産量


2020年に中国は1,924,942トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの14.99%が中国で生産されています。

タロイモは中国語で芋头(イータオ)です。


中国のタロイモ生産

中国では紀元前200年~西暦500年の書物などに多くの品種のタロイモの記載があり、古くから栽培がおこなわれていました。また、その中には日本で現在でも栽培されている品種も存在しており、タロイモは中国大陸から日本へ伝わったとされています。


日本へも多く輸出されている

日本のサトイモは約8割が国産ですが、2割ほどのサトイモが中国からが輸入されていています。輸入品は主に冷凍食品などへ加工がおこなわれます。


中国のサトイモ生産地

中国では主に南東部の広東省(かんとんしょう)・江西省(こうせいしょう)・中南西部の湖南省(こなんしょう)・南部の広西チワン族自治区・南東部の福建省(ふっけんしょう)などの暖かい地域で栽培がおこなわれています。

カメルーン
タロイモ 生産量


2020年にカメルーンは1,815,246トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの14.13%がカメルーンで生産されています。

タロイモはカメルーンで利用されているフランス語で「Taro(タロ)」です。


カメルーンのタロイモ生産

タロイモがアフリカ大陸に伝わったのは古く、紀元前に伝わっていたとされ、ポリネシアからエジプトを経由してアフリカ大陸に入ったとされています。そのため、アフリカ大陸でタロイモ栽培が最初に行われた場所はエジプトになります。


長期保存がきかない

タロイモは100gあたりの水分量が種によっては70%を超えています。長期保存が難しく、カメルーンの様な高温地帯では1ヵ月もするとサトイモが腐ってしまいます。

収穫した芋の運搬を素早くおこなう必要がありますが、カメルーンではインフラが整っていないため、輸送に多くのトラブルを抱えています。


カメルーンでも「Fufu(フフ)」は主食

カメルーンでもタロイモなどを利用して作られる「Fufu(フフ)」は重要な主食の一つです。フフと共にスープや肉料理が用意されます。

ガーナ
タロイモ 生産量


2020年にガーナは1,251,998トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの9.75%がガーナで生産されています。

タロイモはガーナで利用されている英語で「Taro(タロ)」です。


ガーナの「フフ」

ガーナでも「フフ」が主食として多く消費されています。ガーナではフフを噛んで食べる事が「不作法」とされており、小さくちぎったフフを親指で匙状に形を整え、その匙状になったフフでスープなどをすくい、そのまま飲み込みます。


ガーナのタロイモ生産地

ガーナではタロイモ生産が主にガーナ南部でおこなわれています。

パプアニューギニア
タロイモ 生産量


2020年にパプアニューギニアは281,686トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの2.19%がパプアニューギニアで生産されています。

タロイモはパプアニューギニアで利用されている英語で「Taro(タロ)」です。


タロイモの語源

「タロイモ」の語源はニュージーランドの原住民「マオリ」や南太平洋諸島のタヒチなどで利用されている言語が元になっているとされています。古くから人々と密着してきたイモで、日本には縄文時代に伝わったとされています。


パプアニューギニアが原産なの?

タロイモは南アジア・パプアニューギニア・オーストラリアなど広く分布しており、その種類も豊富なため原産地の特定が困難です。栽培は古くからおこなわれており、古代から栽培されていた形跡が多くの土地で見つかっています。


パプアニューギニアのタロイモ生産地

パプアニューギニアでは東部ニューブリテン島の西ニューブリテン州・北西部サンダウン州などで多く栽培されています。農村部の多くで栽培されており、重要な作物の一つです。

ブルネイ
タロイモ 生産量


2020年にブルネイは243,251トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの1.89%がブルネイで生産されています。

タロイモはブルネイで利用されているマレー語で「Taro(タロ)」です。


ブルネイはどこ?

ブルネイはカリマンタン島の北西部に位置する王国で、石油や天然ガスなどの資源が有しています。隣国のマレーシア・インドネシアの文化を強く受けており、イスラム教を主体とする国です。「マレー語」が多く利用されていますが、英語も良く通じます。


ブルネイの主食

ブルネイでは「サゴヤシ」と呼ばれるヤシ科の植物の樹幹(木の主要部で、幹を支えている部分)から採れる「デンプン」を食べます。このデンプンは「saksak(サクサク)」と呼ばれ、水で溶いて餅のようにしたり、焼いて食べたりします。「フフ」と若干似ていますが、原料が違います。パプアニューギニアでも消費される食べ物で、主食としている人も多く存在します。

マダガスカル
タロイモ 生産量


2020年にマダガスカルは227,304トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの1.77%がマダガスカルで生産されています。

タロイモはマダガスカルで利用されているマダガスカル語で「Taro(タロ)」です。


マダガスカルの主食

マダガスカルではキャッサバ・タロイモ・ヤムイモ・トウモロコシなどが主食と消費される国です。米なども多く生産されており、主食の一つとして消費されています。


換金性の高い作物も多く栽培されている

マダガスカルは温暖な気候を利用した換金性の高い作物の栽培もおこなわれています。バニラなどの非常に貴重性の高い生産物が多く生産されており、貴重な資源の一つです。

ルワンダ
タロイモ 生産量


2020年にルワンダは188,042トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの1.46%がルワンダで生産されています。

タロイモはルワンダで利用されているフランス語で「Taro(タロ)」です。


ルワンダのタロイモ生産地

ルワンダでは主に西部の西部州でタロイモが非常に多く生産されています。西部州には「キブ湖」と面しており、キブ湖の水を利用した農業も盛んにおこなわれています。


タロイモの保管

生産されたタロイモは鮮度を保つために一部の地域では10度以下の冷蔵所で保管されています。

中央アフリカ
タロイモ 生産量


2020年に中央アフリカは133,507トンのタロイモを生産しています。

世界で生産されるタロイモの1.03%が中央アフリカで生産されています。

タロイモは中央アフリカで利用されているフランス語で「Taro(タロ)」です。


非常に貧困層が多い国

中欧アフリカには非常に多くの貧困層が存在します。ヤムイモ・ミレット・キャッサバなどが多く生産されており、多くの人が農業に従事しています。


世界情勢の悪化・国内の状況はさらに悪化

2022年に世界情勢の悪化により、燃料費などが高騰化しています。食料の価格などが上昇しており、キャッサバ・ヤムイモなどの国内で生産される重要な食料の価格も上昇しています。

まとめ


タロイモは多くの島国で消費されている傾向があります。稲作が始まる以前から栽培されていたとされ、現在も多くの国が主食の一つとして消費しています。


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


サムネイル: 「Pixabay」から商用利用可能な写真を加工・利用しています。

-Food, Life