https://stocksnap.io/

Food Life

世界の豆 生産量ランキング

世界には様々な「豆」が存在し、食用にはヒラ豆・エンドウ豆・ヒヨコ豆・ササゲ・キマメ・レンズ豆・バンバラ豆・ソラ豆・ルーピン豆などが存在します。(乾燥豆を含む)

これらの豆は世界で度の国がどれくらい生産しているのでしょうか?

世界の豆 生産量ランキング


世界の豆の生産量
世界一位 インド
世界二位 カナダ
世界三位 中国


世界の豆 生産量ランキング
Pulses, Total - Production (tonnes/year)

生産量
(トン)
(t)
2020年
世界合計89,821,452
1インド
(India)
23,368,478
2カナダ
(Canada)
8,166,500
3中国
(China)
4,799,549
4ミャンマー
(Myanmar)
4,026,467
5ナイジェリア
(Nigeria)
3,713,030
6ロシア
(Russia)
3,446,725
7ブラジル
(Brazil)
3,055,023
8アメリカ
(America)
3,028,930
9エチオピア
(Ethiopia)
2,991,322
10メキシコ
(Mexico)
2,727,062
11オーストラリア
(Australia)
1,913,154
12タンザニア
(Tanzania)
1,675,436
13メキシコ
(Mexico)
1,341,275
14テュルキエ
(Turkiye)
1,296,867
15ケニア
(Kenya)
1,283,168
16アルゼンチン
(Argentina)
1,058,056
17フランス
(France)
861,010
18イギリス
(U.K)
850,039
19マラウイ
(Malawi)
749,693
20パキスタン
(Pakistan)
747,004
21ブルキナファソ
(Burkina Faso)
740,641
22モザンビーク
(Mozambique)
705,358
23ウガンダ
(Uganda)
659,114
24カメルーン
(Cameroon)
643,477
25ポーランド
(Poland)
607,910
26ウクライナ
(Ukraine)
600,000
27スペイン
(Spain)
571,680
28ドイツ
(Germany)
567,400
29スーダン
(Sudan)
508,393
30イラン
(Iran)
507,567
31ブルンジ
(Burundi)
478,446
32バングラデシュ
(Bangladesh)
470,917
33ルワンダ
(Rwanda)
452,689
35ガーナ
(Ghana)
423,888
36ネパール
(Nepal)
394,634
37コンゴ共和国
(Republic of the Congo)
391,221
38リトアニア
(Lithuania)
390,710
39マリ
(Mali)
390,386
40アンゴラ
(Angola)
372,591
41ベラルーシ
(Belarus)
365,966
42カザフスタン
(Kazakhstan)
356,170
43シリア
(Syria)
324,427
44北朝鮮
(North Korea)
324,107
45グアテマラ
(Guatemala)
321,422
46ベトナム
(Vietnam)
300,589
47ペルー
(Peru)
256,116
48エジプト
(Egypt)
255,510
49セネガル
(Senegal)
Population: 16,296,400
253,994
50トーゴ
(Togo)
239,008
51イタリア
(Italy)
236,530
52モロッコ
(Morocco)
217,887
53インドネシア
(Indonesia)
213,807
54ニカラグア
(Nicaragua)
210,911
日本
(Japan)
58,049
出典: United Nations Food and Agricultural Organization (FAO) 2020年から作成
https://www.fao.org/faostat/en/#data/
©FAO


各国の豆 生産量


豆のエネルギー

豆類のエネルギーは平均で100gあたり約350Kcalになります。


豆を食べなくなった日本人

日本人は本来「大豆」などの豆を非常に多く食べる人種です。近年、若者を中心に大豆などの「豆」を接種する量が減少しており、体の「不調」を訴える人が増加しています。

大豆には「女性ホルモン」をつくる「エストロゲン」に似た成分をする「大豆イソフラボン」が含まれており、体のバランスを整えます。「ホルモン」だけの問題ですが、「便秘」「月経痛」「肌荒れ」など改善する可能性があるので、「大豆」を多く接種するのも良いかもしれません。

「大豆イソフラボン」の接種目安は人によりますが1日に「50~60g」と言われています。これは納豆では1パック、豆腐では半丁程度になります。


インドの豆 生産量


2020年にインドは23,368,478トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の26.01%がインドで生産されています。

豆はインドで利用されているヒンディー語मैं(メー)」です。


インドで生産される豆の種類

インドではヒヨコ豆・キマメ・緑豆・ケツルアズキ(もやし豆)・キドニービーン(赤インゲン豆)・黒目豆・レンズ豆・白エンドウ豆が主に栽培されています。


インドの豆の生産量

インドでは世界で生産される豆の25%以上、世界で消費される豆の25%以上、世界で生産される豆の10%がインドへ輸出されており、インド国内で消費されている食物の約7%~10%が豆類という「豆超大国」です。


インド南部はベジタリアンが多い

インドでは北部と南部で食生活が違います。インド南部は「ベジタリアン」が多く、豆を含めた野菜・穀物を多く摂取します。


インドの豆生産地

インドでは主に中部マディヤ・プラデーシュ州、中西部マハーラーシュトラ州、北部ラージャスターン州、北部ウッタル・プラデーシュ州、南西部カルナータカ州で非常に多くの豆類を生産しています。

カナダの豆 生産量


2020年にカナダは8,166,500トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の9.09%がカナダで生産されています。


カナダで生産される豆

カナダではエンドウ豆・レンズ豆・ヒヨコ豆・「大豆」の生産量が非常に多く、インド・米国・中国はカナダからの豆類の最大の輸出市場になっています。


カナダの豆生産地

カナダ西部に位置するアルバータ州・中西部のマニトバ州・中部サスカチュワン州で主に生産されて、日本は小豆・エンドウ豆・インゲン豆・ソラマメ・ヒヨコ豆・レンズ豆など多くの豆をカナダから輸入しています。カナダは広大な土地を持ちその土地に適した豆の栽培をおこなっています。非常に質の高い豆類を生産していて世界中に輸出されます。


「大豆」などをバイオ燃料として利用

北米・南米では「大豆」を食料として利用するのでは無く、「食用油」「家畜の飼料」「バイオ燃料」などに利用される事が多くなっています。

中国の豆 生産量


2020年に中国は4,799,549トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の5.34%が中国で生産されています。

豆は中国語で豆子(トウズー)」です。


中国は大豆の生産量が少ない

中国でも豆を生産しており、近年「大豆」などの生産量を増加させていますが、現在も多くを輸入に頼っています。大豆は北米・南米から多く輸入しており、「家畜の飼料」「食用油」として利用される事が多くなっています。日本同様に「大豆」の生産を軽視していましたが、近年生産に力を入れています。


増加する大豆生産量

中国では主に東部の安徽省(あんきしょう)・北東部の山東省(さんとんしょう)・中東部の河南省(かなんしょう)などで多くの大豆が生産されており、北東部の吉林省(きつりんしょう)・北部の内モンゴル自治区・北東部の遼寧省(りょうねいしょう)などで大豆生産量が増加しています。


バイオ燃料として利用

大豆などの一部の豆は「バイオ燃料」に転換しています。家畜の飼料やバイオ燃料など様々な物に転換が可能で利用価値の高い「トウモロコシ」に農業をシフトする人が増加しています。


中国で生産される豆の種類

中国で主に生産されている豆の種類はエンドウ豆・ソラ豆・インゲン豆・緑豆・小豆が生産されていています。

ミャンマーの豆 生産量


2020年にインドは4,026,467トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.48%がインドで生産されています。

豆はミャンマーで利用されているビルマ語でပဲ(ペル)です。


ミャンマーで主に生産される豆の種類

ミャンマーでは主に黒目豆・緑豆・キマメ・ひよこ豆・ササゲ・ライ豆・赤インゲン豆・竹小豆が主に生産されています。


生産した豆はインドへ輸出

ミャンマーで生産された豆の80%がインドに輸出されています。インドへの輸出依存度が非常に高く、他国への輸出先の多角化を模索しています。


国内事情が不安定

ミャンマーでは現在軍事政権が国内をコントロールしており、国内で内戦が頻発しています。国内情勢が非常不安定なため、経済、社会活動の混乱が顕在化しています。欧米諸国による経済制裁、海外からの投資や国際支援も一旦停止しているため、農業への影響も懸念されています。

地域によっては生産量を半分に減少させています。燃料などの高騰化もあり、今後も生産量は減少すると思われます。

ナイジェリアの豆 生産量


2020年にナイジェリアは3,713,030トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.13%がナイジェリアで生産されています。

ナイジェリアでは公用語として「英語」が利用されています。


ナイジェリアの豆の消費


ナイジェリアでは「キャッサバ」などの「イモ類」が主食として消費されていますが、豆の消費も非常に多くなっています。


土地にあった「豆」の生産

降水量の少ない地域では「キマメ」などが多く生産されています。


「キマメ」はどんな豆?

キマメは年間650㎜以下の非常に雨の少ない地域でも栽培する事が可能で、主に乾燥地帯での生産が促進されています。また、一部の地域では「トウモロコシ」の連作障害を避けるために植えられる植物です。

近年、気候変動などの影響と思われる干ばつや洪水などが多発しており、厳しい環境でも栽培が可能な作物の栽培や開発に力がそそがれています。

アフリカなどの降水量の少ない地域でも「水」の利用が極端に少ない作物を選択するなど農業が少しずつ変化してきています。


病気に強い豆の開発

ナイジェリアでは害虫などに作物が食い荒らさせる事も多く、病気に強い豆の研究などが先進国と共におこなわれています。

ロシアの豆 生産量


2020年にロシアは4,026,467トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.48%がロシアで生産されています。

豆はロシア語でбобы(バブィ)です。


ロシアでも多くの豆が生産されている

ロシアでは近年レンズ豆・大豆などの生産量が増加しています。大豆の生産量は旧ソ連の時代から4倍に上昇しています。厳しい環境でもある程度栽培する事が可能で生産量が多い豆は栄養が高く、ロシアでは作物の栽培を「豆類」に切り替える人が増加しています。また、連作障害を避ける作物としても利用され、非常に利用価値の高い作物と思われます。


食料としての利用は少ない

「大豆」の利用は主に「家畜の飼料」として利用さえています。国内で消費される大豆は5%以下で、非常に低くなっています。


ロシアの大豆生産地

ロシアでは主にモスクワ・サンクトペテルブルクなどが存在する西部の中央連邦管区、ウラジオストク・ハバロフスクなどが存在する極東連邦管区、ロシアで生産される野菜や果物の生産拠点となっている北カフカスの南部連邦管区などで主に大豆生産がおこなわれています。

ブラジルの豆 生産量


2020年にブラジルは4,026,467トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.48%がブラジルで生産されています。

豆はブラジルで利用されているポルトガル語でfeijões(フェイジョインス)」です。


大豆の生産大国

ブラジルは世界一の「大豆」の生産国です。しかし、食用として利用されるのはほんの一部で、多くが輸出されています。

とくに輸出が多くなっているのは中国で、ブラジルが世界に輸出している大豆の3/4が中国に輸出されています。中国は大豆の需要が高く、主に「油」「家畜の飼料」などに利用されています。ブラジルは大豆の生産国世界一ですが、自国で消費される大豆は1割にも満たず、輸出以外にはバイオ燃料への変換などがおこなわれています。


豆を主食とする国

ブラジルでは「豆」「米」を主食にしている人がおおく、国内で多く消費されます。国内で一番人気のある豆は「カリオカ豆」と呼ばれる「インゲン豆」で、国内で非常に多く生産さえれています。カリオカ豆は主食として消費される事が多く、「豆と米」と「おかず」の組み合わせが多くなっています。

アメリカの豆 生産量


2020年にアメリカは4,026,467トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.48%がアメリカで生産されています。


アメリカも大豆の消費量は低い

アメリカも非常に多くの大豆を生産していますが、食用にされる大豆はブラジルと同じ1割程度になります。主に家畜の飼料用や・油脂・バイオ燃料などに加工され利用されています。


大豆の価格はバイオ燃料の需要によって決まる

アメリカの大豆の価格はバイオ燃料の需要によって変動します。


アメリカで人気のある豆

アメリカでは主にうずら豆・インゲン豆・グレートノーザン豆(インゲン豆の種)・赤インゲン豆・黒豆が人気があります。


アメリカの豆生産地

アメリカでは主に北部のノースダコタ州で豆が生産されており、国内で生産される豆の30%以上がノースダコタ州で生産されています。その他には北東部のミシガン・中部のネブラスカ州・北東部のミネソタ州・北西部のアイダホ州で生産されています。

エチオピアの豆 生産量


2020年にエチオピアは4,026,467トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.48%がエチオピアで生産されています。

豆はエチオピアで利用されているアムハラ語でባቄላ(バクアラ)です。


エチオピアの豆生産地

エチオピアでは主に南部のオロミア州・南部諸民族州での豆の生産量が多く、エチオピアで生産される豆の85%以上がこれらの地域で栽培されています。特に生産が多いのは「インゲン豆」で、国内で生産される豆の過半数がインゲン豆になります。


豆といえばコーヒー豆も...

エチオピアはコーヒー豆も多く生産しており、世界的に有名なコーヒー豆の生産地です。コーヒー豆もエチオピアの中部から南部にかけて生産されており、大規模なプランテーションなどで栽培されています。

メキシコの豆 生産量


2020年にメキシコは4,026,467トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の4.48%がメキシコで生産されています。

豆はメキシコで利用されているスペイン語でပဲfrijoles(フリフォレス)です。


メキシコの豆の消費

メキシコでも様々な種類の豆が生産されており、豆のペーストとトウモロコシを「トルティーヤ」で巻いた物が良く食べています。


メキシコの食生活の変化

メキシコの食生活は時代と共に変化し、現在は北米と同じ高カロリーな物が安価に購入する事ができます。肥満率上昇や用脳病の増加などが国内で大きな問題になっています。


メキシコの豆の生産地

メキシコでは主に中部のサカテカス州の豆の生産量が多くメキシコ国内で生産される豆の30%以上がサカテカス州で生産されています。その他には北西部のシナロア州・北部のドゥランゴ州・チワワ州などで多くの豆が生産されています。

日本の豆 生産量


2020年に日本は58,049トンの豆を生産しています。

世界で世界で生産される豆類の0.0064%が日本で生産されています。


古来から伝わる「大豆文化」

日本に大豆が伝わったのは「奈良時代」とされています。遣隋使などによって中国の文化が日本に入り、日本の時代の流れと共に様々な物に加工されましたが、中国の影響を多々受けています。


大豆の使用量が多い

日本では大豆が様々な物に加工され、消費も必然的に多くなっています。

まとめ


豆は貴重なたんぱく源です。将来的に人口爆発と共に食料危機が訪れるとされ、豆の生産量は必然と多くなると思われます。近年では豆を利用した「ビーガンミート」なども増加しており、重要量は増加すると思われます。


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


サムネイル: Stocksnap.ioからCC0ライセンスの写真を加工・利用しています。

-Food, Life