Image:https://pixabay.com

Food

世界の穀物 生産量ランキング

穀物は「トウモロコシ」「麦」「米」など様々な種類が存在し、世界中の主食として消費されています。

世界ではどの国がどのくらい穀物を生産しているのでしょうか?


世界の穀物
生産量 ランキング


世界の穀物の生産量
世界一位 中国
世界二位 アメリカ
世界三位 インド


世界の穀物 生産量ランキング
Cereals - Production (tonnes/year)

生産量
(トン)
(t)
2021年
世界3,070,645,413
1中国
(China)
633,846,950
2アメリカ
(America)
452,628,438.9
3インド
(India)
356,345,000
4ロシア
(Russia)
117,574,453.8
5ブラジル
(Brazil)
112,220,282.9
6アルゼンチン
(Argentina)
87,691,545.11
7ウクライナ
(Ukraine)
85,338,631.18
8インドネシア
(Indonesia)
74,425,294
9フランス
(France)
66,880,910
10バングラデシュ
(Bangladesh)
62,156,213.25
11パキスタン
(Pakistan)
52,415,036
12オーストラリア
(Australia)
51,077,870.98
13ベトナム
(Vietnam)
48,301,218.49
14カナダ
(Canada)
46,738,983
15ドイツ
(Germany)
42,359,400
16タイ
(Thailand)
39,382,967.52
17メキシコ
(Mexico)
36,582,135.17
18ポーランド
(Poland)
33,996,290
19テュルキエ
(Turkiye)
31,864,404
20エチオピア
(Ethiopia)
30,108,985.38
21ナイジェリア
(Nigeria)
29,910,609.35
22フィリピン
(Philippines)
28,261,089.87
23ミャンマー
(Myanmar)
27,812,742.87
24ルーマニア
(Romania)
27,791,090
25スペイン
(Spain)
25,510,560
26イギリス
(U.K)
22,369,109
27エジプト
(Egypt)
22,301,153.76
28南アフリカ共和国
(South Africa)
19,764,573.44
29イタリア
(Italy)
16,568,150
30カザフスタン
(Kazakhstan)
16,566,888.05
31イラン
(Iran)
14,836,137.19
32ハンガリー
(Hungary)
13,980,870
33カンボジア
(Cambodia)
12,330,000
34日本
(Japan)
11,898,830.87
35ブルガリア
(Bulgaria)
11,639,300
36タンザニア
(Tanzania)
11,318,532.47
37ネパール
(Nepal)
11,118,512
38モロッコ
(Morocco)
10,447,740.21
39セルビア
(Serbia)
10,261,238.72
40マリ
(Mali)
8,819,409.61
41デンマーク
(Denmark)
8,640,070
42チェコ
(Czech)
8,227,120
43ベラルーシ
(Belarus)
7,595,631.26
44ウズベキスタン
(Uzbekistan)
7,196,403.42
45パラグアイ
(Paraguay)
6,304,401
46スーダン
(Sudan)
5,678,363.99
47スリランカ
(Sri Lanka)
5,622,708.9
48ペルー
(Peru)
5,616,092.54
49リトアニア
(Lithuania)
5,431,955.51
50韓国
(Korea)
5,340,820
51オーストリア
(Austria)
5,316,150
52イラク
(Iraq)
5,302,192
53ガーナ
(Ghana)
5,301,239.51
出典: United Nations Food and Agricultural Organization (FAO) 2021年から作成
https://www.fao.org/faostat/en/#data/
©FAO


各国の穀物 生産量


穀物のエネルギー

穀物のエネルギーは100gあたり約380カロリーになります。


穀物の価格が高騰

世界情勢の悪化により穀物の価格が高騰しています。穀物を多く生産しているウクライナやロシアからの輸出が難航しており、これらの国々から穀物を輸入している発展途上国では穀物の不足や価格の上昇、先進国でも穀物を含めた様々な食物の価格が問上昇しています。


ランキングは「米」「麦」「トウモロコシ」などの「穀草類」になります。


「大豆の生産量ランキング」はこちらになります。よろしかったらご覧ください。



「大豆の生産量ランキング」はこちらになります。よろしかったらご覧ください。


中国
穀物 生産量


中国の穀物生産量

2021年に中国は633,846,950トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の20.64%が中国で生産されています。

中国語で穀物は「粮食(リャンシー)」です。


中国の穀物の特徴

中国の穀物には定義があり、「小麦」「米」「トウモロコシ」「大豆」「その他(イモ類・豆類・キビなど)」など大きく5つにわけられています。国内で一番生産量が多い穀物は「トウモロコシ」であり、次いで「小麦」「米」が続きます。


大豆の生産量は少ない

中国の大豆の生産量は年々増加していますが国内の需要量を満たせる量を生産しておらず、他国から多くの大豆を輸入しています。中国や日本は他国から安い大豆を輸入する傾向があり、日本で利用される大豆の多くが「カナダ」「アメリカ」「ブラジル」の大豆が輸入されています。


中国の穀物生産地

主に北東部の「黒龍江省(こくりゅうこうしょう)」、中東部の「河南省(かなんしょう)」、北東部の「山東省(さんとんしょう)」、中西部の「四川省(しせんしょう)」「江蘇省(こうそしょう)」、北東部の「河北省(かほくしょう)」「吉林省(きつりんしょう)」「安徽省(あんきしょう)」、中部の「湖北省(こほくしょう)」、北部の「モンゴル自治区」、東部の「江蘇省(こうそしょう)」「遼寧省(りょうねいしょう)」などで多く生産されています。

アメリカ
穀物 生産量


アメリカの穀物生産量

2021年にアメリカは452,628,438.9トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の14.74%がアメリカで生産されています。

英語で穀物は「Cereal(シリアル)」です。


アメリカの穀物の特徴

アメリカでは様々な穀物が生産されており、「麦(小麦・大麦・ライ麦など)」「トウモロコシ」「ミレット(キビ・アワなど)」「カニワ(キビに似た穀物)」「米」「大豆」などが多く生産されています。

生産量が多いのは「トウモロコシ」「大豆」「小麦」などが多くなります。


バイオ燃料や家畜の飼料としての穀物

アメリカでは穀物が食用だけでは無く「家畜の飼料」「バイオ燃料」としても利用されます。生産された穀物の多くが国外へ輸出され、日本へも多くの穀物が輸出されています。


日本の穀物はアメリカやオーストラリアから輸入される

日本の穀物は主に「アメリカ」「カナダ」「オーストラリア」から輸入されています。穀物の価格が世界全体で高騰しており、日本の穀物も間接的に価格が上昇しています。


アメリカの穀物生産地

アメリカの「大豆」「トウモロコシ」は主に北中部から中部にかけて生産されています。「小麦」は北部から中部、種類によりは「カルフォルニア州」などの「東部」でもおこなわれています。

インド
穀物 生産量


インドの穀物生産量

2021年にインドは356,345,000トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の11.60%がインドで生産されています。
インドで利用されるヒンディー語で穀物は「अनाज(アナージ)」です。


インドの穀物の特徴

主に「トウモロコシ」「米」「麦(小麦・大麦・ライ麦など)」「豆類」「ミレット(キビ・アワ)など」が生産されています。


インドの南北の食生活の違い

インドは南北で食生活が異なります。南は「菜食主義者」が多く、主に「米」を主食として消費しています。北部は「パン食」が多く、「ナン」などのパンが多く消費されます。


インドの穀物生産地

小麦は北部での消費が多く、生産の中心地は北部の「パンジャーブ州」になります。

米はインドの多くの州で生産されていますが「西ベンガル州」などの生産量が多くなります。


世界で最も消費される「インディカ米」

世界で生産される米の25%以上がインド国内で生産されています。世界で消費される米も「インディカ米」が一番多く、世界で生産される米の80%以上がインディカ米です。


日本人はインディカ米を好まない

日本人はインディカ米を好みません。日本で有名な「タイ米」もインディカ米であり、「独特の香り」「パサパサした食感」が日本人の口に合いません。


日本人の好む米

「もちもち食感」「強い甘味」の米を好みます。日本の米も様々な種類があり、一般的に甘みが強い「コシヒカリ」は洋食に向いているとされ、さっぱりした味の「ササニシキ」などは「寿司」にむいているとされます。

ロシア
穀物 生産量


ロシアの穀物生産量

2021年にロシアは117,574,453.8トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の3.82%がロシアで生産されています。

ロシア語で穀物は「зерно(ジェルオー)」です。


ロシアの穀物の特徴

ロシアでは「麦(小麦・大麦・ライ麦など)」「トウモロコシ」「米」「ミレット(キビ・アワ)など」「ソバ」などの穀物が多く生産されており、アフリカ諸国や発展途上国などに多く輸出されています。ロシアの穀物生産の滞りはアフリカ諸国などの紛争に繋がる恐れがあり、2011年の天候不順などにより発生したロシアなどの「小麦の生産量の減少」が「アラブの春」に繋がったとされています。


ロシアの穀物生産地

ロシアの農業は「北コーカサス地方」でおこなわれる事が多くなります。穀物の生産は北コーカサスの「クラスノダール地方」が多く、国内で一番生産量が多い地域になります。クラスノダール地方では小麦・トウモロコシ・米などが多く生産され、野菜や果物も多く生産されています。

ブラジル
穀物 生産量


ブラジルの穀物生産量

2021年にブラジルは112,220,282.9トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の3.65%がブラジルで生産されています。

ブラジルで利用されるポルトガル語で穀物は「grão(グレオ)」です。


ブラジルの穀物の特徴

ブラジルでは「大豆」「麦(小麦・大麦・ライ麦など」「トウモロコシ」「米」「ミレット(キビ・アワ)など」などが多く生産されています。


バイオエタノールとして利用

ブラジルは大豆やトウモロコシを「家畜の飼料」「バイオ燃料」として利用する事が多く、車の燃料もバイオエタノール(一定の量)を利用する必要があります。


ブラジルの穀物生産地

ブラジルで一番多く生産される「大豆」の生産は主に中部の「マットグロッソ州」で生産されています。トウモロコシ生産は「ミナスジェライス州」「マットグロッソ州」が多く、米は「マットグロッソ州」、北東部の「マラニョン州」で多く生産されています。

全体的にマットグロッソ州の穀物生産量が多く、ブラジルの穀物生産の中心地になっています。

アルゼンチン
穀物 生産量


アルゼンチンの穀物生産量

2021年にアルゼンチンは87,691,545.11トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の2.85%がアルゼンチンで生産されています。

アルゼンチンで利用されるスペイン語で穀物は「grano(グラーノ)」です。


アルゼンチンの穀物の特徴

アルゼンチンでは「大豆」「麦(小麦・大麦・ライ麦など」「トウモロコシ」「米」「ミレット(キビ・アワ)など」の生産が多く、ブラジル同様に穀物を「家畜の飼料」「バイオ燃料」として利用しています。


大豆の生産量が非常に多い

アルゼンチンは「大豆」の生産量が非常に多く、次いで生産量が多い「トウモロコシ」の2倍以上の大豆が生産されています。生産される大豆を食料として消費するのは限定的であり、主に工業用に利用されています。


大豆の生産の中心は「アメリカ」「ブラジル」「アルゼンチン」

大豆の生産国が多いのは「ブラジル」「アメリカ」「アルゼンチン」などの北米・南米などで、世界で生産される大豆の80%以上を占めています。アルゼンチンで生産される大豆も家畜の飼料用・油脂・バイオ燃料などに利用されています。

ウクライナ
穀物 生産量


ウクライナの穀物生産量

2021年にウクライナは85,338,631.18トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の2.77%がウクライナで生産されています。

ウクライナ語で穀物は「зернові(ザルノヴィ)」です。


ウクライナの穀物の特徴

ウクライナでは「麦麦(小麦・大麦・ライ麦など」「トウモロコシ」などが多く生産されており、生産された穀物の多くはヨーロッパ・中東・アフリカ諸国や発展途上国などに輸出されています。


ウクライナ小麦生産地

ウクライナでは非常に多くの「小麦」を生産しています。

主な生産地は北部の「キーウ州」「チェルニーヒウ州」、中部「チェルカースィ州」「キロヴォフラード州」、中西部の「ヴィーンヌィツャ州」「フメリニツキー州」、西部の「テルノーピリ州」、北西部の「ヴォルィーニ州」「リウネ州」、西部の「リヴィウ州」、南西部の「オデッサ州」、南部の「ヘルソン州」、南部の「ムィコラーイウ州」、北東部の「スームィ州」「ハルキウ州」、中東部の「ポルタヴァ州」などで多くの小麦が生産されています。

州により気候が異なり、種まきなどの時期が若干異なります。


小麦の連作障害を防ぐために「輪作」がおこなわれる

小麦は土地の栄養を吸い上げるため、同じ土地で生産し続けると生産量の低下などの問題が発生します。連作障害を防ぐために違う植物などが植えられ、土地のバランスを保っています。

インドネシア
穀物 生産量


インドネシアの穀物生産量

2021年にインドネシアは74,425,294トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の2.42%がインドネシアで生産されています。

インドネシア語で穀物は「bulir(ブリィル)」です。


インドネシアの穀物の特徴

インドネシアは「米」を主食にする国です。非常に多くの米を国内で生産していますが、インドやタイなどからも米を輸入しています。


インドネシアの穀物生産地

インドネシアの米の生産量は「ジャワ島」の生産量が非常に多く、「中部ジャワ州」「東ジャワ州」「西ジャワ州」が国内で生産される米の生産量上位を占めています。

フランス
穀物 生産量


フランスの穀物生産量

2021年にフランスは66,880,910トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の2.17%がフランスで生産されています。

インドネシア語で穀物は「Céréales(シリアルス)」です。


フランスの穀物の特徴

主に「麦麦(小麦・大麦・ライ麦など」「トウモロコシ」「ソルガム」「米」などが多く生産されています。


田舎の過疎化

フランスでは都市部の人口は増加していますが地方の人口は現象しており、農業の担い手などが現象しています。フランスの農業は大規模な工業化と共に雇用が減少し、小規模農家は減少しています。

バングラデシュ
穀物 生産量


バングラデシュの穀物生産量

2021年にバングラデシュは62,156,213.25トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の2.02%がバングラデシュで生産されています。

バングラデシュで利用されているベンガル語で穀物は「শস্য(シューシュ)」です。


バングラデシュの穀物の特徴

バングラデシュは「米」の消費量が世界一の国であり、自国でも非常に多くの米を生産しています。


バングラデシュも「インディカ米」の生産が多い

バングラデシュではインドと同様に主に「インディカ米」を生産しています。輸出量は少なく、生産された米は国内で主に消費されています。

カナダ
穀物 生産量


カナダの穀物生産量

2021年にカナダは46,738,983トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の1.52%がカナダで生産されています。


カナダの穀物の特徴

カナダは主に「トウモロコシ」「麦」「大豆」が生産されています。カナダで生産される穀物は日本へも多く輸出されており、食用としての利用以外に「家畜の飼料」「工業用」としても利用されています。


カナダの穀物生産地

「小麦」「大麦」「ライ麦」などはカナダ全域で生産されていますが、大豆は主に東部の「オンタリオ州」「ケベック州」、中部の「マニトバ州」などに収集しています。東部の「オンタリオ州」はトウモロコシの生産量も非常に多く、生産された穀物の多くが輸出されています。

日本
穀物 生産量


日本の穀物生産量

2021年に日本は11,898,830.87トンの穀物を生産しています。世界で生産される穀物の0.38%が日本で生産されています。


日本の穀物自給率は低い

日本の穀物自給率は非常に低く「小麦」「大豆」「トウモロコシ」などは輸入品が多くなります。


米の自給率は100%

米の自給率は100%であり、国内消費はほぼ国産の米で賄われています。世界でも「ジャポニカ米」が販売されていますが、「イタリア」「韓国」などで生産されている米を利用される事が多く、マーケティングなどに問題があると思われます。


米の消費量の現象

日本人の米の消費量は年々減少しており、洋食と和食の境目なども曖昧になってきています。

まとめ


世界全体で価格の上昇

世界情勢の悪化により、小麦の価格だけではなく様々な穀物の価格が上昇しています。気候変動の影響による干ばつや大雨なども増加しており、今後穀物が栽培できない国が増加する可能性もあります。


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


サムネイル: 「Pixabay」から商用利用可能な写真を加工・利用しています。

-Food