https://stocksnap.io/

Food Life

世界のブドウ 生産量ランキング

ぶどうはワインなどに加工されるため様々な国で生産されています。

世界ではどの国がどれくらい生産しているのでしょうか?

世界のぶどう 生産量ランキング


世界のブドウの生産量
世界一位 中国
世界二位 イタリア
世界三位 スペイン


世界のブドウ 生産量ランキング
Grapes - Production (tonnes/year)

生産量
(トン)
(t)
2020年
世界合計78,034,332
1中国
(China)
14,843,091
2イタリア
(Italy)
8,222,360
3スペイン
(Spain)
6,817,770

4
フランス
(France)
5,884,230
5アメリカ
(America)
5,388,679
6テュルキエ
(Turkiye)
4,208,908
7インド
(India)
3,125,000
8チリ
(Chile)
2,772,561
9アルゼンチン
(Argentina)
2,055,746
10南アフリカ共和国
(South Africa)
2,028,185
11イラン
(Iran)
1,990,937
12ウズベキスタン
(Uzbekistan)
1,606,942
13エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
1,586,342
14オーストラリア
(Australia)
1,474,911
15ブラジル
(Brazil)
1,435,596
16ドイツ
(Germany)
1,149,540
17アフガニスタン
(Afghanistan)
993,382
18ルーマニア
(Romania)
932,770
19ポルトガル
(Portugal)
853,380
20ギリシャ
(Greece)
815,790
21ペルー
(Peru)
733,610
22ロシア
(Russia)
681,908
23アルジェリア
(Algeria)
554,201
24モルドバ
(Moldova)
462,050
25ニュージーランド
(New Zealand)
457,000
26メキシコ
(Mexico)
453,520
27ハンガリー
(Hungary)
435,050
28イラク
(Iraq)
421,868
29モロッコ
(Morocco)
396,903
30オーストリア
(Austria)
319,790
31北マケドニア
(North Macedonia)
317,550
32ジョージア
(Georgia)
316,900
33アルメニア
(Armenia)
283,224
34ウクライナ
(Ukraine)
280,960
35トルクメニスタン
(Turkmenistan)
250,584
36タジキスタン
(Tajikistan)
246,663
37シリア
(Syria)
243,347
38アゼルバイジャン
(Azerbaijan)
208,019
39アルバニア
(Albania)
199,069
40韓国
(Korea)
165,906
41日本
(Japan)
163,400
42セルビア
(Serbia)
160,307
43ブルガリア
(Bulgaria)
159,100
44チュニジア
(Tunisia)
150,000
45イエメン
(Yemen)
138,675
46クロアチア
(Croatia)
123,550
47スイス
(Switzerland)
105,739
48スロベニア
(Slovenia)
103,800
49サウジアラビア
(Saudi Arabia)
101,570
50カナダ
(Canada)
101,095
51ウルグアイ
(Uruguay)
96,825
52カザフスタン
(Kazakhstan)
95,061
53チェコ
(Czech)
90,380
出典: United Nations Food and Agricultural Organization (FAO) 2020年から作成
https://www.fao.org/faostat/en/#data/
©FAO


各国のブドウ 生産量


ブドウの重さ・エネルギー

ぶどうの重さは一房約300gで、エネルギーは約149Kcalになります。


歴史のあるフルーツ

ブドウは非常に歴史のあるフルーツで、古代のヨーロッパでは「オリーブ」「ブドウ」などが栽培されていました。


川を見ればワインの味がわかる

ワインの味は川と関係があります。「ブドウ」の味は温度と関係があり、温かい地方のブドウは例外がありますが甘くなる傾向があります。標高の高い場所は比較的に気温が低い場所が多く、ブドウの味も酸味が強くなります。標高の高い場所で作られているワインは「酸味」が強く、逆に下流などの標高が低い場所では「甘味」が強くなります。「ワイナリー」は「川の周辺」に立地している場合が多く、味を判断する重要なポイントとなります。


中国のブドウ 生産量


2020年に中国はブドウを14,843,091トン生産しています。

世界で生産されるブドウの19.02%が中国で生産されています。

ブドウは中国語葡萄(プータオ)」といいます。


実はワインが作られていた

中国で古来から「ワイン」が飲酒されていた印象がありませんが、中東部の河南省(かなんしょう)賈湖(かこ)遺跡から7000年にワインが飲酒されていた形跡が発見されています。前3000年~2000年の青銅器時代になると(いん)・(しゅう)などでワインにかわりに「米」「キビ」「ライチ」「プラム」などの酒が造られるようになります。ワインがの一般的に飲酒されるようになるのは618年~907年の唐王朝(とうおうちょう)の時代になってからになります。


中国のブドウ生産地

中国では主に北東部の北京・東部の山東省(さんとんしょう)の煙台市(えんたいし)・北東部の河北省(かほくしょう)の張家口市(ちょうかこうし)・中西部の四川省(しせんしょう)の宜賓市(ぎひんし)、北東部の吉林省(きつりんしょう)の通化市(つうかし)・山西省(さんせいしょう)の太原市(たいげんし)寧夏回族自治区(ねいかかいぞくじちく)です。とくに煙台市の蓬莱区(ほうらいく)には140以上のワイナリーが存在しており、中国国内で生産されるワインの40%以上が蓬莱区で生産されています。

イタリアのブドウ 生産量


2020年にイタリアはブドウを8,222,360トン生産しています。

世界で生産されるブドウの10.53%がイタリアで生産されています。

ブドウはイタリア語Uva(ウーバ)といいます。


イタリアのブドウ生産地

イタリアでは主に南東部のプッリャ州・シチリア州で食用のブドウが多く生産されており、国内で生産される食用のブドウの90%以上が生産されています。1970年から1980年代に1300万トンのブドウを生産していましたが、生産量が減少し、現在は約800万トンのブドウを生産しています。


天候不順によるブドウの生産量の増減

天候不順などによりブドウの生産量が大きく変動します。2017年は天候に恵まれない年で、生産量が710万トンまで減少しましたが、2018年~2019年は約800万トン生産しています。


ワインの飲酒量も多い

イタリアはワインの飲酒量も多く、一人あたり年間40リットル以上のワインを飲酒しています。

スペインのブドウ 生産量


2020年にスペインはブドウを6,817,770トン生産しています。

世界で生産されるブドウの8.73%がスペインで生産されています。

ブドウはスペインUva(ウーバ)といいます。


スペインのワイン生産地

スペインでは主に中部のカスティーリャ・ラ・マンチャ州、南西部のエストレマドゥーラ州、北東部のカタルーニャ州、南東部のバレンシア州、中北部のカスティーリャ・イ・レオン州、ラ・リオハ州、北東部のアラゴン州などで多くのブドウが生産されています。


温暖な気候に恵まれた土地

スペインでは東部・南部が地中海性気候、中央部が大陸性気候・北西部と北部が西岸海洋性気候をゆうしており、国内で400種以上の様々なブドウが生産されています。ワインに加工されるブドウは約20種で、国内で生産されるワインの80%がその20種の中から加工されています。


ワイン生産の歴史

スペインでブドウ栽培が開始されたのは前1100年前後とされ、ワインの交易所などが設置されていました。西部から伝わったワインは前5世紀頃までにはスペイン東部まで広まったとされています。


ワインの飲酒量はイタリアと比べると控えめ

スペインでは年間一人あたり約15リットル以上のワインを飲酒していますが、年々減少しています。スペインでは「食前酒」を飲む習慣があり、甘めのワインが食前酒として選ばれます。

フランスのブドウ 生産量


2020年に フランスはブドウを5,884,230トン生産しています。

世界で生産されるブドウの7.54%が フランスで生産されています。

ブドウはフランスRaisin(レイザン)といい、日本の「レーズン」はフランス語のブドウを意味します。


フランスのブドウ生産地

フランスでは主に中西部のブルゴーニュ地域圏・北西部のアルザス地域圏・中西部のソーヌ=エ=ロワール県南部のボジョレー・北西部のシャンパーニュ地方・中部のサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏の東部・西部のジュラ県などで多くのブドウが生産されています。

フランスには非常に多くワイナリーが存在しており、とくに南フランスのローヌ川・デュランス川に面した地域やビスケー湾・バレアス海に面した海沿いに多くなっています。


イタリア・スペイン・フランスはワインの名産地

イタリアは「ワインの生産量世界一」・スペインは「ブドウの栽培面積世界一」・フランスは「ワインの質が世界一」と「自負」していますが、実際知名度は非常に高く、フランスの気候や風土はワイン用のブドウ栽培に適しています。


飲酒量も一人あたり年間約50リットル以上のワインを飲酒しています。1960年代年には一人あたり年間約170リットル以上のワインを飲酒しており、非常に多くのワインが飲酒されていました。

アメリカのブドウ 生産量


2020年にアメリカはブドウを5,388,679トン生産しています。

世界で生産されるブドウの6.90%がアメリカで生産されています。


アメリカのブドウ生産地

アメリカでは中南西部のアーカンソー州・北西部のオハイオ州・北東部のオレゴン州・西部のカリフォルニア州・南西部のジョージア州・北西部のミシガン州・中西部のミズーリ州・東部のバージニア州・北西部のニューヨーク州・西部ノースカロライナ州・北東部のペンシルベニア州・南部のテキサス州、北西部のワシントン州の13州で主にブドウ生産がおこなわれています。


アメリカは「ブドウの国」

アメリカは大陸を発見したのは「コロンブス」ですが、それ以前にヨーロッパのバイキング達がグリーンランドからアメリカへ渡っています。アメリカは非常に多くのブドウの木が自生しており、バイキング達はアメリカを「ヴィンランド」と名付けています。ヨーロッパ言語で「Vino(ヴィノ)」はワインやブドウを意味します。


ワイナリーは1500年代から

アメリカでワイナリーが最初につくられたのはフロリダ州で、1500年代になります。

テュルキエのブドウ 生産量


2020年にテュルキエはブドウを4,208,908トン生産しています。

世界で生産されるブドウの5.39%がテュルキエで生産されています。

ブドウはテュルキエÜzüm(ウズム)といいます。


テュルキエのブドウ生産地

テュルキエでは地中海の近辺でブドウ生産盛んにおこなわれており、主に西部のマニサ県で国内で生産されるブドウの85%以上が生産されています。他には西部のイズミル県・南西部のデニズリ県でもブドウ生産がおこなわれています。


イスラム教よりブドウ生産の歴史の方が古い

テュルキエはイスラム教を主体としている国ですが、ブドウ・ワイン生産の歴史の方が古くなっています。ワインは古くから日常的に飲酒されおり、イスラム教が布教した後も飲酒に対して寛容に扱われました。

テュルキエの飲酒率は年々減少しており、飲酒に対してタブー意識を持つ若者も増加しています。今後テュルキエの飲酒率は更に減少すると思われます。

インドのブドウ 生産量


2020年にインドはブドウを3,125,000トン生産しています。

世界で生産されるブドウの4.00%がインドで生産されています。

ブドウはインドで利用されているヒンディーअंगूर(アングール)といいます。


インドのブドウ生産地

インドでは主に南西部のマハーラーシュトラ州で多くのブドウ生産がおこなわれており、国内で生産されるブドウの80%以上がマハーラーシュトラ州でおこなわれています。他には北部のパンジャーブ州、ハリヤーナー州、ウッタル・プラデーシュ州北西部のラージャスターン州などの亜熱帯気候でブドウ生産がおこなわれています。


干しブドウの生産量も多い

マハーラーシュトラ州で生産されたブドウの約20%程度が「干しブドウ」に加工されます。ワインも多く生産されていますが、インドではあまりワインを飲む習慣が無く限定的になります。


飲酒量は増加している

インドではワインの消費量が増加していますが、飲酒しない若者も増加しています。

チリのブドウ 生産量


2020年にチリはブドウを2,772,561トン生産しています。

世界で生産されるブドウの3.55%がチリで生産されています。

ブドウはチリで利用されているスペインUva(ウーバ)といいます。


チリのブドウ生産地

チリでは主に中部のビオビオ州、マウレ州で多くのブドウ栽培がおこなわれており、ワインも非常に有名です。他には北部のアタカマ州、中北部のコキンボ州、バルパライソ州にあるサン・フェリペ・デ・アコンカグア県、中部の首都州にあるマイポ県、リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州にあるラペル地域などでブドウが多く生産されています。


チリのワインは世界的に有名

チリもブドウ生産に適した地を有しており、チリで生産されるワインは世界的に有名です。

アルゼンチンのブドウ 生産量


2020年にアルゼンチンはブドウを2,055,746トン生産しています。

世界で生産されるブドウの2.63%がアルゼンチンで生産されています。

ブドウはアルゼンチンで利用されているスペインUva(ウーバ)といいます。


アルゼンチンのブドウ生産地

アルゼンチンでは主に中西部のメンドーサ州、西部のサン・フアン州、ラ・リオハ州で多くのブドウ生産がおこなわれています。北部のサルタ州、カタマルカ州、南西部のネウケン州、中南部のリオネグロ州などでもブドウ栽培がおこなわれています。


生産されるブドウの90%がワイン用

アルゼンチンでは国内で生産されるブドウの90%以上がワインに加工されています。食用のブドウは加工用のブドウと比べ手間がかかります。食用のブドウは全体の5%になります。

南アフリカのブドウ 生産量


2020年に南アフリカ共和国はブドウを2,028,185トン生産しています。

世界で生産されるブドウの2.59%が南アフリカ共和国で生産されています。

南アフリカ共和国は公用語として英語が利用されています。


南アフリカのブドウ生産地

南アフリカ共和国では主に西部の北ケープ州・南部の東ケープ州・北東部のリンポポ州・中部のフリーステイト州・東部のムプマランガ州などで多くのブドウが生産されています。


南アフリカのブドウ生産

南アフリカでは東から西へ「オレンジ川」が流れており、オレンジ川の水を利用したブドウ栽培がおこなわれています。食用のブドウも多く栽培されており、輸出先は主にヨーロッパ・英国になります。

日本のブドウ 生産量


2020年に日本はブドウを163,400トン生産しています。

世界で生産されるブドウの0.0020%が日本で生産されています。


日本のブドウ生産

日本では長野県・山梨県・山形県などで多くのブドウを生産しています。


日本のブドウは高級品

日本ではブドウ生産は山地などで生産されています。生産量はありますが、産地が限られており、「高級品」としての印象が強い果物の一つです。

まとめ


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


サムネイル: Stocksnap.ioからCC0ライセンスの写真を加工・利用しています。

-Food, Life