Health Life

世界の交通事故による障害調整生命年(DALY)

 毎年多くの命が車やオートバイによる交通事故により失われています。先進国では車の利用率が高くなりますが、発展途上国ではオートバイの利用率が高く、事故も多く発生しています。

 世界の交通事故による障害調整生命年はどれくらいなのでしょうか?

 DALYは指数が小さい程、健康状態が高い事を意味します。

記事の内容

世界の交通事故による障害調整生命年(DALY)
各国の交通事故による障害調整生命年(DALY)

世界の交通事故による障害調整生命年(DALY)

交通事故による障害調整生命世界一は中国世界二位はインド世界三位はパキスタンです。

世界の交通事故による障害調整生命年(DALY)
Transport injuries DALYs

障害調整生命年
(DALY指数)
1中国
(China)
Population: 1,406,473,280
14,570,000
2インド
(India)
Population: 1,402,862,229
13,090,000
3パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
3,450,000
4アメリカ
(America)
Population: 335,624,927
2,820,000
5ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
2,480,000
6インドネシア
(Indonesia)
Population: 274,522,988
2,410,000
7エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
1,620,000
8ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
1,600,000
9コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
1,420,000
10ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
1,420,000
11イラン
(Iran)
Population: 82,913,900
1,230,000
12ベトナム
(Vietnam)
Population: 96,462,100
1,220,000
13タイ
(Thailand)
Population: 69,625,600
1,130,000
14メキシコ
(Mexico)
Population: 120,575,500
1,130,000
15バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
962,449
16南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
879,656
17フィリピン
(Philippines)
Population: 108,116,600
744,679
18スーダン
(Sudan)
Population: 42,813,200
714,328
19ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
665,351
20サウジアラビア
(Saudi Arabia)
Population: 34,268,500
657,235
21エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
610,040
22イエメン
(Yemen)
Population: 29,161,900
601,578
23アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
558,026
24日本
(Japan)
Population: 125,810,000
549,132
25トルコ
(Turkey)
Population: 83,429,600
539,531
26アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
471,347
27ウクライナ
(Ukraine)
Population: 43,993,600
459,863
28アルジェリア
(Armenia)
Population: 43,053,100
426,766
29マレーシア
(Malaysia)
Population: 31,949,800
425,638
30モロッコ
(Morocco)
Population: 36,471,800
422,851
31ベネズエラ
(Venezuela)
Population: 28,515,800
413,268
32コロンビア
(Colombia)
Population: 50,339,400
388,945
33ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
376,338
34ネパール
(Nepal)
Population: 28,608,700
372,304
35アルゼンチン
(Argentine)
Population: 44,780,700
372,276
36ドイツ
(Germany)
Population: 83,517,000
358,684
37タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
353,952
38北朝鮮
(North Korea)
Population: 25,500,000
349,910
39ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
341,544
40モザンビーク
(Mozambique)
Population: 30,366,000
320,407
41韓国
(Korea)
Population: 51,225,300
319,803
42フランス
(France)
Population: 65,129,700
316,599
43ガーナ
(Ghana)
Population: 30,417,900
316,010
44ソマリア
(Somalia)
Population: 15,442,900
310,615
45ポーランド
(Poland)
Population: 37,887,800
305,784
46イタリア
(Italy)
Population: 60,550,100
303,263
47イラク
(Iraq)
Population: 39,309,800
270,809
48ハイチ
(Haiti)
Population: 11,263,100
269,939
49カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
252,815
50ウズベキスタン
(Uzbekistan)
Population: 32,981,700
249,621
51ペルー
(Peru)
Population: 32,510,500
244,662
52エクアドル
(Ecuador)
Population: 17,373,700
238,583
出典: Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年

各国の交通事故による障害調整生命年(DALY)


障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)

障害調整生命年 (Disability-adjusted life year: DALY)
損失生存年数(Years of Life Lost: YLL)
障害生存年数(Years Lived with Disability: YLD)

から算出される数字です。

 DALYは病気によって人がどれだけ人生をロスするかを年の単位で表し、指標にしたものです。DALYが小さいほど、その集団の健康状態が高いことを意味します。

 日本はシンガポールに次いで非常に指数が小さく、健康状態が高いとされています。

中国の交通事故による障害調整生命年(DALY)


 中国の交通事故による障害調整生命年(DALY)約3,400,000です。

 2017年に中国では7700万人交通事故や移動中の事故が発生し、733,517人が死亡しています。中国では交通事故などによる負傷者の7.0%が死亡し、DALYの10.0%になります。

 2017年に中国の州の間でDALY率の違いが3倍あり、最高値は雲南省、最低値はマカオです。

 1990年から2017年の間に、中国ではすべての負傷者の年齢標準化発生率(年齢によって違いが出るので比較を可能にするために算出されるもの)が50.6%増加しましたが、年齢標準化死亡率とDALY率は44.3%減少しています。1990年から2017年の間に中国のすべての州で負傷によるDALY率の減少、上海で16.3%、江西省で60.4%と大幅な低下が見られます。

 中国の負傷者の発生率は経済の拡大共に増加していますが、原因別の死亡率とDALYの発生率は低下しています。中国の急速な社会成長、車社会へと変貌、事故による負傷のリスクを高めた可能性があることを示唆していますが、医療の改善も目覚ましく、死亡率と全体的な健康損失が大幅に改善されています。

インドの交通事故による障害調整生命年(DALY)


インドの交通事故による障害調整生命年(DALY)約3,400,000です。

 2017年にインドでは交通事故により218,876人の死亡事故が発生し、年齢標準死亡率は100人あたり17.2人でした。女性は10万人あたり8.5人の死亡、男性は10万人あたり25.7人の死亡、約3倍ほど男性の方が死亡率が高くなっています。インドの交通事故などによる死亡者数は1990年から2017年にかけて58.7%増加していて、年齢調整死亡率は9.2%です。

 2017年に歩行者の交通事故などによる死亡者は死亡者全体の35.1%で76,729人、オートバイが30.9%の67,52人(インドではスクーターなどのオートバイを利用する人が非常に多い為)、自動車が26.4%の57,802人です。オートバイによる死亡者はインドの人口10万人あたり4.9人です。2017年の交通事故で死亡した人は男性の15〜39歳の年齢層が多く、男女を合わせた15〜39歳の年齢層での死因の第2位なっています。

 交通事故などによるの全体的な年齢標準化死亡率は、2017年に州の間で最大2.6倍違いが見られます。1990年から2017年までの交通事故などによる障害の年齢標準化死亡率の変化率には、州の間で大きなばらつきが見られ、北部の都市圏にあるデリーでは38.2%減少し、インド東部のオリッサ州では17.0%増加しています。

パキスタンの交通事故による障害調整生命年(DALY)


 パキスタンの交通事故による障害調整生命年(DALY)約3,400,000です。

 オートバイは車と比べると車体も燃料費も安く、パキスタンで最も経済的な輸送手段になり、多くのパキスタン人に利用されています。オートバイによる交通事故の発生率は大きく上昇していますが、パキスタンでおこなわれているオートバイ生産は大きく増加していて、2017年の10ヵ月間で230万台のオートバイが製造されています。

 パキスタンで2017年におこなわれた835人のオートバイによる事故の結果、72人が死亡、835人のうち、82%の685人が男性、18%の150人が女性、13歳から85歳の年齢層が事故を起こし、平均年齢は28歳です。22.8%の191人の患者が事故から30分以内に事故および救急科に到着し、23.3%が194人が1時間以内、30%の256人が1時間以上、7%の65人が2時間以内、15%の127人が2時間以上を要しています。

アメリカの交通事故による障害調整生命年(DALY)


 アメリカの交通事故による障害調整生命年(DALY)約3,400,000です。

 アメリカの交通事故による死亡率は1990年にアメリカの全死亡率の5.4%でアメリカの死因の第三位、2010年には全死亡率の4.1%でアメリカの死因の第四位で、1.3%減少しています。

 2014年に自動車の交通事故により33,736人の死者が発生し、33,599人の銃器死亡者数を上回っています。事故は主にレジャーシーズンに上昇していて、休暇を利用した旅行中に事故に合う人が多くなっています。

ブラジルの交通事故による障害調整生命年(DALY)


 ブラジルの交通事故による障害調整生命年(DALY)約3,400,000です。

 ブラジルは急速な経済成長と共に、自動車やオートバイの所有率が上昇しています。ブラジルの貧困層も物価の上昇と共に平均所得の増加、1990年から2011年の間にオートバイの生産の1620%、販売は1356%上昇しています。2013年にブラジルの二輪車販売は世界で4位にランクされていて、国内では北東地域が最も高いオートバイの販売地域となっています。

 2008年に自動車生産も315%増加しています。自動車などの増加と共に、ブラジルの低中所得層は公共交通機関からタクシーなどの民間交通機関の利用が増加しています。急速な自動車などの増加し、交通渋滞、環境汚染、交通事故による負傷や死亡事故が増加しています。

まとめ


 今回は以上です。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, Life