Health Life

世界の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)

 日本では肺炎、肺結核、気管支炎、気管支喘息など呼吸器の疾患にかかる人が多く、死亡する人も多く存在しています。世界ではどのくらい呼吸器疾患による障害調整生命年はどのくらいなのでしょうか?

 DALYは指数が小さい程、健康状態が高い事を意味します。

記事の内容

世界の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)
各国の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)

世界の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)

呼吸器疾患による障害調整生命年世界一はインド世界二位は中国世界三位はアメリカです。

世界の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)
Respiratory diseases DALYs lost

死亡率
(人)
1インド
(India)
Population: 1,402,862,229
33,760,000
2中国
(China)
Population: 1,406,473,280
23,130,000
3アメリカ
(America)
Population: 335,624,927
6,000,000
4インドネシア
(Indonesia)
Population: 274,522,988
3,540,000
5パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
2,490,000
6バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
2,450,000
7ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
2,150,000
8フィリピン
(Philippines)
Population: 108,116,600
1,650,000
9ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
1,470,000
10ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
1,470,000
11日本
(Japan)
Population: 125,810,000
1,350,000
12ドイツ
(Germany)
Population: 83,517,000
1,250,000
13ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
1,210,000
14イギリス
(U.K)
Population: 67,530,200
1,200,000
15エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
1,100,000
16トルコ
(Turkey)
Population: 83,429,600
1,100,000
17ベトナム
(Vietnam)
Population: 96,462,100
1,070,000
18北朝鮮
(North Korea)
Population: 25,500,000
1,050,000
19メキシコ
(Mexico)
Population: 120,575,500
1,030,000
20コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
777,673
21南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
769,705
22タイ
(Thailand)
Population: 69,625,600
686,676
23ネパール
(Nepal)
Population: 28,608,700
671,250
24イラン
(Iran)
Population: 82,913,900
593,550
25エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
588,164
26スペイン
(Spain)
Population: 46,736,800
586,626
27イタリア
(Italy)
Population: 60,550,100
579,468
28フランス
(France)
Population: 65,129,700
535,571
29韓国
(Korea)
Population: 51,225,300
495,800
30アルゼンチン
(Argentine)
Population: 44,780,700
490,414
31パプアニューギニア
(Papua New Guinea)
Population: 8,776,100
486,382
32ポーランド
(Poland)
Population: 37,887,800
466,534
33ウクライナ
(Ukraine)
Population: 43,993,600
462,949
34コロンビア
(Colombia)
Population: 50,339,400
423,543
35カナダ
(Canada)
Population: 37,411,000
407,926
36台湾
(Taiwan)
Population: 23,600,900
402,727
37タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
390,402
38オーストリア
(Ausria)
Population: 8,955,100
374,145
39アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
359,121
40モロッコ
(Morocco)
Population: 36,471,800
353,662
41アルジェリア
(Armenia)
Population: 43,053,100
330,359
42ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
321,117
43スリランカ
(Sri Lanka)
Population: 21,323,700
320,558
44マダガスカル
(Madagascar)
Population: 26,969,300
315,559
45オーストラリア
(Australia)
Population: 25,203,200
315,475
46スーダン
(Sudan)
Population: 42,813,200
310,761
47ルーマニア
(Rumania)
Population: 19,364,600
264,537
48ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
260,792
49オランダ
(Nederland)
Population: 17,097,100
257,198
50マレーシア
(Malaysia)
Population: 31,949,800
251,212
51イラク
(Iraq)
Population: 39,309,800
248,931
52イエメン
(Yemen)
Population: 29,161,900
243,189
出典: Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年

各国の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)


障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)

障害調整生命年 (Disability-adjusted life year: DALY)
損失生存年数(Years of Life Lost: YLL)
障害生存年数(Years Lived with Disability: YLD)

から算出される数字です。

 DALYは病気によって人がどれだけ人生をロスするかを年の単位で表し、指標にしたものです。DALYが小さいほど、その集団の健康状態が高いことを意味します。

 日本はシンガポールに次いで非常に指数が小さく、健康状態が高いとされています。

インドの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)


インドの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)は33,760,000です。

 インドでは急性および慢性呼吸器疾患の両方がインド国内で蔓延しています。国内では慢性呼吸器疾患(気管支喘息など)、喘息、慢性閉塞性肺疾患(気管支炎や肺気腫など)が多くなっていますが、州によってばらつきがあります。理由は良くわかっていませんが、喘息は南太平洋の島国では患者数が多く、遺伝などが関係しているのではないかと一部の研究者は考えています。また、季節によって患者の増減があり、何らかの関係があると考えられています。(2018年)

 インドは大気汚染が深刻で、ガンジス川流域におけるPM2.5による大気汚染は、世界で最も深刻な国の1つです。インドで約1780万人の人口を抱えるデリーでは部分的に150µg/m³を超え、非常に危険な大気汚染レベルになります。(2018年)

 インドのPM2.5発生源は多数あり、小型および大型車両の排気ガス、道路から巻き上がるほこり、暖房および調理用の石炭や薪などの固形燃料の燃焼、廃棄物の燃焼、火力発電所、ディーゼル発電所、建設機器による排気、レンガなどから発せられる細かなパーティカルなどが大きな要因になっています。(2018年)

中国の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)


中国の呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)23,130,000です。

 中国では慢性閉塞性肺疾患(気管支炎や肺気腫など)の予防と管理が非常に困難な課題になっています。現在、慢性閉塞性肺疾患の患者は約1億人存在しています。2002年から2004年までの中国の40歳以上の人々の慢性閉塞性肺疾患の有病率は8.2%でしたが、2012年から2014年に13.7%に増加しています。

 中国のPM2.5汚染度は1立方メートルあたり52.66µg/m³で、非常に高くなっています。中国では都市部より農村部で肺炎による死亡者が多い傾向があります。1991年から1993年に浙江省で実施された研究では、1歳未満の乳児の死亡率は都市部の出生1人あたり2.29から2.54例であるのに対し、農村部では出生1人あたり10.63から15.06です。5歳未満の子供の肺炎による死亡率は、都市部では2.60から2.79であるのに対し、農村部では10.75から15.13で、農村部が高くなっています。都市部では医療制度などが整備され、適切な治療が受けられるのに対し、農村部では適切な治療が受けられないなど様々な要因があります。肺炎が要因の死亡率は年々減少していて、現在は発展途上国の1/6になっています。 (2018年)

アメリカの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)


アメリカの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)6,000,000です。

 現在、米国人の25万人以上が喘息を患っています。約1480万人が慢性閉塞性肺疾患(気管支炎や肺気腫など)と診断されており、さらに米国内に約1200万人の慢性閉塞性肺疾患をもつ人がいると思われます。呼吸器疾患の負担は、個人やその家族、または学校、都市にも影響を及ぼします。慢性閉塞性肺疾患などによる医療コストは上昇し、医療制度に大きく負担をかけています。税金、健康保険料、病気により働けなくなった人達の生産性の損失など様々な問題があり、慢性閉塞性肺疾患の予防はこれらの負担を軽減する近道になります。喘息だけの年間医療費は207億ドルと推定されています。(2020年)

 慢性閉塞性肺疾患は米国で4番目に多い死因です。2014年に約142,000人がCOPDで死亡し、約155,500人が肺がんで死亡しました。慢性閉塞性肺疾患はタバコの副流煙や様々な大気汚染物質でも慢性閉塞性肺疾患を引き起こす可能性があります。

インドネシアの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)


インドネシアの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)は3,540,000です。

 発展途上国のインドネシアは、主に自動車の排出と産業煙によって引き起こされる大気汚染を抱えています。インドネシアのPM2.5汚染度は1立方メートルあたり16.50µg/m³で、日本と同等なレベルですが、都市部や工業地帯では大気汚染レベルが高い場所が多く存在しています。

 呼吸器疾患を高めている要因の一つが喫煙率の高さで、インドネシア人男性の喫煙率は45.7%です。10.8%は元喫煙者で、43.5%が非喫煙者です。女性は喫煙率が低く、1.8%になります。喫煙による吸器疾患を患う確率は非喫煙者と比べ13倍も高く、副流煙に関しては20倍も高くなります。

パキスタンの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)


パキスタンの呼吸器疾患による障害調整生命年(DALY)は2,490,000です。

 パキスタンのPM2.5汚染度は1立方メートルあたり58.28µg/m³で、非常に高水準です。パキスタンの慢性閉塞性肺疾患の有病率は40歳以上の2.1パーセントになります。慢性閉塞性肺疾患をもつ約33%が 慢性閉塞性肺疾患のために入院していて、患者の27%が呼吸器疾患のために緊急を要する治療が必要になっています。要因はタバコや家庭内で利用される固形燃料で、これらから排出される大気汚染物質が大きな呼吸器疾患を起こす要因になっています。

まとめ


 タバコの副流煙は呼吸器疾患の要因になります。家庭内でタバコを喫煙する人がいる場合は屋外の適切な場所で喫煙してもらうようにしましょう。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, Life