Health News

世界の肺炎による死亡者数(50歳以上)

 肺炎は現在も多くの人の死亡に繋がる病気の一つです。肺炎は大気汚染など様々な事が要因になり、国により死亡率は違いますが、多くの国で死因の上位になっています。

 世界では肺炎によりどのくらいの人が死亡しているのでしょうか?

記事の内容

世界の肺炎による死亡者数(50歳以上)
各国の肺炎による死亡者数(50歳以上)

世界の肺炎による死亡者数(50歳以上)

世界の50歳以上の肺炎による死亡者数世界一はインド世界二位は中国世界三位はアメリカです。

世界の肺炎による死亡者数(50歳以上)
Deaths from pneumonia, by age

死亡者数
(人)
(50‐69歳)
死亡者数
(人)
(70歳以上)
1インド
(India)
Population: 1,402,862,229
96,510187,149.74
2中国
(China)
Population: 1,406,473,280
26,009123,629.81
3アメリカ
(America)
Population: 335,624,927
18,94770,867.73
4ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
18,85452,920.04
5ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
14,44110,336.54
6フィリピン
(Philippines)
Population: 108,116,600
12,83634,953.25
7ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
9,29018,040.29
8インドネシア
(Indonesia)
Population: 274,522,988
9,24519,974.77
9タイ
(Thailand)
Population: 69,625,600
8,95723,537.24
10コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
8,2689,188.92
11マレーシア
(Malaysia)
Population: 31,949,800
7,61013,771.46
12日本
(Japan)
Population: 125,810,000
7,023101,637.95
13エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
5,84410,595.18
14アルゼンチン
(Argentine)
Population: 44,780,700
5,73623,410.87
15ガーナ
(Ghana)
Population: 30,417,900
4,8516,215.51
16メキシコ
(Mexico)
Population: 120,575,500
4,73010,698.77
17パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
4,6518,634.37
18バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
4,46011,065.04
19ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
4,3076,091.84
20ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
4,2258,959.82
21エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
4,1613,536.29
22タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
4,0697,986.93
23ベトナム
(Vietnam)
Population: 96,462,100
3,71710,226.75
24ドイツ
(Germany)
Population: 83,517,000
3,12321,369.97
25カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
3,1194,216.62
26ジンバブエ
(Zimbabwe)
Population: 14,645,500
2,7952,215.91
27イギリス
(U.K)
Population: 67,530,200
2,79132,839.51
28ペルー
(Peru)
Population: 32,510,500
2,73310,076.35
29ウクライナ
(Ukraine)
Population: 43,993,600
2,7103,011.06
30マダガスカル
(Madagascar)
Population: 26,969,300
2,7012,610.47
31モザンビーク
(Mozambique)
Population: 30,366,000
2,6852,828.86
32ポーランド
(Poland)
Population: 37,887,800
2,6807,726.14
33コートジボワール
(Ivory Coast)
Population: 25,716,500
2,5933,205.44
34トルコ
(Turkey)
Population: 83,429,600
2,5046,724.34
35アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
2,3052,153.69
36ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
2,2293,468.88
37ブルキナファソ
(Burkina Faso)
Population: 20,321,400
2,1853,237.48
38台湾
(Taiwan)
Population: 23,600,900
1,9919,805.24
39カンボジア
(Cambodia)
Population: 16,486,500
1,9773,602.51
40ルーマニア
(Rumania)
Population: 19,364,600
1,9413,031.09
41ソマリア
(Somalia)
Population: 15,442,900
1,8191,536.69
42ニジェール
(Niger)
Population: 23,310,700
1,7442,045.64
43フランス
(France)
Population: 65,129,700
1,71817,523.47
44イラン
(Iran)
Population: 82,913,900
1,6065,067.94
45ギニア
(Guinea)
Population: 12,771,200
1,5792,879.29
46コロンビア
(Colombia)
Population: 50,339,400
1,5413,890.11
47ネパール
(Nepal)
Population: 28,608,700
1,5353,020.49
48パプアニューギニア
(Papua New Guinea)
Population: 8,776,100
1,485754.96
49チャド
(Chad)
Population: 15,946,900
1,4652,236.49
50スリランカ
(Sri Lanka)
Population: 21,323,700
1,4612,750.82
51韓国
(Korea)
Population: 51,225,300
1,45611,099.52
52セネガル
(Senegal)
Population: 16,296,400
1,3552,325.20
出典: Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年
http://ghdx.healthdata.org/gbd-results-tool

各国の肺炎による死亡者数 (50歳以上)


 データは死亡者数なので必然的に人口が多い国が多くなります。

インドの肺炎による死亡者数 (50歳以上)


 インドの肺炎で死亡する50歳から69歳は96,510人で、70歳以上は187,149人です。

 インドの大気は非常に汚染されていて、PM2.5汚染度は1立方メートルあたり87.95µg/m³です。

 インドの平均寿命は69.66歳(2015年)です。肺炎などの下気道感染症で死亡する人は国民の6.9%で、早産などで死亡(7.4%)に次いで死因の2位になります。三位は下痢性疾患(6.8%)です。(出典:GDB 2010年)

 インドガンジス川流域におけるPM2.5による大気汚染は、世界で最も深刻な国の1つです。インドの約1780万人の人口を抱えるデリーでは部分的に150µg/m³を超え、非常に危険な大気汚染レベルになります。 日本ではPM2.5の環境基準値は35 µg/m³以下とされていて、70µg/m³を超えた場合、外出や運動を控えるの事が望まれます。

中国の肺炎による死亡者数 (50歳以上)


 中国の肺炎で死亡する50歳から69歳は26,009人で、70歳以上は123,629人です。

 中国のの平均寿命は76.1歳(2015年)です。中国の死因の一位は脳卒中、二位が虚血性心疾患、三位が肺気腫や慢性気管支炎が含まれる慢性閉塞性肺疾患、4位が肺がん、5位が交通事故です。(2017年) 1990年は慢性閉塞性肺疾患の死因は7位、肺がんは14位で、急速な近代化に伴う排ガスなどがこれらの病気の要因になっていると思われます。

 1990年の死因の一位だった新生児の死亡率は、医療技術や制度の2017年には6位に下落しています。

アメリカの肺炎による死亡者数 (50歳以上)


 アメリカの肺炎で死亡する50歳から69歳は18,947人で、70歳以上は70,867人です。

 アメリカの平均寿命は77.8歳(2015年)です。アメリカの死因の一位は心臓病、二位が癌、三位が事故、4位が肺気腫や慢性気管支炎が含まれる慢性閉塞性肺疾患、5位が脳卒中です。(2019年) 2020年からはCovid-19は大きく死因を押し上げていて、2021年にはCovid-19による死亡が二位になっています。

 アメリカは非常に医療にお金のかかる国で、健康保険の加入が必要になります。2015年は職場で提供される団体医療保険に加入している人が55.7%、個人で購入した医療保険に加入している人が16.3%しています。低所得者はメディケイドと呼ばれる救済システムが存在していて、多くの方が利用しています。

 アメリカは努力しない人は助けない主義で、容赦なく切られます。

ブラジルの肺炎による死亡者数 (50歳以上)


 ブラジルの肺炎で死亡する50歳から69歳は18,854人で、70歳以上は52,920人です。

 ブラジルの平均寿命は77.8歳(2015年)です。ブラジルの死因の一位は虚血性心疾患、二位が暴力による死亡、三位が事故、4位が脳卒中、5位が下気道感染症です。(2016年) 8位に肺気腫や慢性気管支炎が含まれる慢性閉塞性肺疾患、13位に肺がんが位置していています。1990年から慢性閉塞性肺疾患や肺がんで死亡する人は大きく増加しています。

ロシアの肺炎による死亡者数 (50歳以上)


 ロシアの肺炎で死亡する50歳から69歳は14,441人で、70歳以上は10,336人です。

 ロシアの平均寿命は70.5歳(2015年)です。ロシアの死因の一位は虚血性心疾患、二位が脳卒中、三位が自傷、4位が脳卒中、5位が心筋症です。(2016年) 7位に肺がん、14位に肺気腫や慢性気管支炎が含まれる慢性閉塞性肺疾患が位置しています。

 ロシアでは平均寿命が70.5歳で、70歳以上の死亡率は既に死んでいる人が多く、少なくなっています。

まとめ


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, News