https://pixabay.com

Food Life

世界のピーナッツ 生産量ランキング

ピーナッツは南米ペルーが原産で、南米に連れてこられた奴隷の食料や家畜の餌として栽培が開始されました。南北戦争により食糧事情悪化し、白人も食べようになりました。現在はピーナッツバターなどがアメリカの国民食の一つとなっています。

ピーナッツはどの国がどれくらい生産しているのでしょうか?

世界の落花生 生産量ランキング


世界のピーナッツの生産量
世界一位 中国
世界二位 インド
世界三位 ナイジェリア

世界のピーナッツ 生産量ランキング
Groundnuts with shell - Poduction (tonnes/year)

生産量
(トン)
(t)
2020年
世界合計53,638,932
1中国
(China)
18,046,765
2インド
(India)
9,952,000
3ナイジェリア
(Nigeria)
4,492,778
4アメリカ
(America)
2,782,290
5スーダン
(Sudan)
2,773,087
6セネガル
(Senegal)
1,797,486
7ミャンマー
(Myanmar)
1,647,114
8アルゼンチン
(Argentina)
1,285,431
9ギニア
(Guinea)
1,074,389
10インドネシア
(Indonesia)
860,000
11チャド
(Chad)
840,035
12タンザニア
(Tanzania)
690,000
13ブラジル
(Brazil)
651,130
14ニジェール
(Niger)
594,145
15カメルーン
(Cameroon)
500,000
16ガーナ
(Ghana)
450,000
17ベトナム
(Vietnam)
425,371
18マラウイ
(Malawi)
350,000
19ウガンダ
(Uganda)
336,047
20コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
315,000
21ブルキナファソ
(Burkina Faso)
270,000
22マリ
(Mali)
260,000
23アンゴラ
(Angola)
232,065
24コートジボワール
(Ivory Coast)
227,571
25テュルキエ
(Turkiye)
215,927
26エジプト
(Egypt)
213,777
27エチオピア
(Ethiopia)
205,069
28ニカラグア
(Nicaragua)
183,728
29ベナン
(Benin)
172,641
30中央アフリカ
(Central African
Republic)
172,641
31ザンビア
(Zambia)
127,172
32パキスタン
(Pakistan)
121,693
33ガンビア
(Gambia)
110,000
34モザンビーク
(Mozambique)
103,000
35メキシコ
(Mexico)
101,251
36ジンバブエ
(Zimbabwe)
76,974
37南スーダン
(South Sudan)
64,245
38バングラデシュ
(Bangladesh)
60,314
39マダガスカル
(Madagascar)
58,892
40シエラレオネ
(Sierra Leone)
58,814
41台湾
(Taiwan)
53,765
42南アフリカ共和国
(South Africa)
50,080
43トーゴ
(Togo)
44,520
44ギニアビサウ
(Guinea-Bissau)
42,625
45ラオス
(Laos)
42,447
46スリランカ
(Sri Lanka)
38,491
47モロッコ
(Morocco)
36,725
48ガボン
(Gabon)
35,992
49ウズベキスタン
(Uzbekistan)
32478
50フィリピン
(Philippines)
29,387
51タイ
(Thailand)
29,299
52ボリビア
(Bolivia)
26,602
53コンゴ共和国
(Republic
of the Congo)
26,095
日本
(Japan)
13,200
出典: United Nations Food and Agricultural Organization (FAO) 2020年から作成
https://www.fao.org/faostat/en/#data/
©FAO


各国のピーナッツ 生産量


ピーナッツの重さ・エネルギー

ピーナッツの重さは一粒約0.6g(殻ナシ)で、エネルギーは約4Kcalになります。


ナッツはペーストとして利用される事が多い

「ピーナッツ」「ヘーゼルナッツ」などナッツはペーストとして利用される事が多くなっています。他にも様々なナッツがペーストに利用されており、非常に人気があります。


ピーナッツの原産は南米

ピーナッツはペルーの前2500年前の遺跡からピーナッツの殻が発見されており、大昔から消費されていたと思われます。日本へは1700年代に東アジアを経由してやってきました。


なぜピーナッツは土の中に実をつけるの?

ピーナッツの実は地中になります。地下結実性の植物で、この様な植物は他にもいくつか存在しますが非常に珍しい植物になります。流派詳しくわかっていませんが、乾燥した地方では雨が降らない地域も多く、直接土の中から栄養を吸収する必要があった・害虫や動物に食べられる危険性があったなどの問題が多かったなどがあげられています。


アレルギーに注意

ピーナッツに含まれる「ヒスチジン」が体内に存在する微生物により「ヒスタミン」という危険な物質に変化させる場合があり、注意が必要です。

中国のピーナッツ 生産量


2020年に中国は18,046,765トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの33.64%が中国で生産されています。

ピーナッツは中国語花生(ファーシュン)」です。


ポルトガルからやってきた

ピーナッツがやってきたのは16世紀で、ポルトガル人により中国東部にある福建省(ふっけんしょう)にもたらされました。19世紀になると、アメリカの東部のバージニア州で生産されたピーナッツが中国に紹介され、国内で本格的に生産が開始されたのは1980年代になってからになります。


中国のピーナッツ生産地

ピーナッツは主に中国東部の山東省(山東省)・中南東部の湖南省(こなんしょう)・北東部の河北省(かほくしょう)・南西部の広東省(かんとんしょう)・東部の江蘇省(こうそしょう)で国内で生産されている70%以上ののピーナッツが生産されています。


中華料理に多用される

ピーナッツは中華料理に欠かせない食品の一つで、国民一人当たりの消費量はアメリカ人に匹敵します。

インドのピーナッツ 生産量


2020年にインドは9,952,000トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの18.55%がインドで生産されています。

ピーナッツはインドで利用されているヒンディー語मूंगफली(モンパレ―)です。


インドのピーナッツ生産地

インドでは主に西部のグジャラート州、ラージャスターン州、南東部のアーンドラ・プラデーシュ、南部のタミル・ナードゥ州で多く生産されており、国内で生産されているピーナッツの75%以上がこれらの地域で生産されています。特に生産が多いグジャラート州で、国内で生産されているピーナッツの40%以上が生産されていています。


気候変動による生産量減

グジャラート州はピーナッツの作付面積を大きく増加させていますが、気候変動の影響と思われる天候不順により、ピーナッツの生産量が大きく生産数が減少しています。


インド料理もピーナッツを利用

インド料理も非常に多くのピーナツツが利用されています。ペーストにしたピーナッツをカレーに加える事も多く、「コク」がある一品に仕上がります。ピーナッツは国民に欠かせない食品の一つです。

ナイジェリアのピーナッツ 生産量


2020年にナイジェリアは4,492,778トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの8.37%がナイジェリアで生産されています。

ナイジェリアでは公用語として英語」が利用されています。


ナイジェリアのピーナッツ生産地

ピーナッツは地中で育つ植物で、病気や乾燥に強い植物です。ナイジェリアの乾燥地帯でも栽培がおこなわれており、主要な生産物の一つです。特に生産が多いのは北部カノ州・中北部カドゥナ州・東部タラバ州・北部バウチ州・北東部ボルノ州・北東部アダマワ州の生産が多くなっており、国内で生産されているピーナッツの85%以上がこれらの地域で生産されています。


子供達の栄養源

ピーナッツは非常に栄養価が高く、ナイジェリアの子供達にとって貴重な栄養源です。栄養失調の子供達の治療としてピーナッツが良く与えられており、厳しい気候でも栽培が可能なスーパーフードです。


油の抽出

ナイジェリアではピーナッツから抽出された油が良く利用されます。ピーナッツ油は食料以外にもバイオ燃料・工業油・殺虫剤・接着剤などにも利用され、動物の飼料としても利用さえています。

スーダンのピーナッツ 生産量


2020年にインドは18,046,765トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの33.64%がインドで生産されています。

ピーナッツはスーダンで利用されているアラビア語الفول السوداني(アルフール スーダン二ウ)」です。


スーダンのピーナッツ生産地

スーダンでは西部のダルフール・中央部のコルドファンで国内で生産されいてるピーナッツの80%が生産されています。


国を支える収入源

ピーナッツはスーダンの経済を支える貴重な収入源で、国内の収入源の5%程度がピーナッツによってもたらされています。生産されたピーナッツは多くの国へ輸出され、輸出先はアルジェリア・イエメン・インドネシア・エジプト・フィリピン・シリア・ミャンマー・トルコ・中国・ロシア・に輸出されています。

アメリカのピーナッツ 生産量


2020年にアメリカは2,773,087トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの5.16%がアメリカで生産されています。

アメリカではピーナッツが様々な名前で呼ばれていて「Groundnut(グランドナッツ)」「goober (グーバー)」「pindar(ピンダ―)」、イギリスではmonkey nut(モンキーナッツ)」などと呼ばれています。


アメリカのピーナッツ生産地

アメリカの主なピーナッツの生産地は南西部のアラバマ州・中南部のオクラホマ州・南西部のサウスカロライナ州・南西部のジョージア州・南部のテキサス州・東部のバージニア州・南東部のフロリダ州・東部のノースカロライナ州・南東部のニューメキシコ州・南西部のミシシッピ州で生産されいます。とくに生産量が多いのはジョージア州で米国で生産されている42%のピーナッツが生産されています。

全体的に中部から南西部にかけて多くにピーナッツが生産されています。


生産効率の高いアメリカのピーナッツ生産

アメリカのピーナッツの作付け面積は世界の3%程度になっていますが生産効率が非常に高く、非常に多くのピーナッツを生産しています。生産効率が高いのは農業の大きなアドバンテージで、天候などにより大きく左右されます。

セネガルのピーナッツ 生産量


2020年にセネガルは,1797,486トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの3.35%がセネガルで生産されています。

ピーナッツはセネガルで利用されているフランス語「Arachides(アガシディス)です。


セネガルはどこ?

セネガルはアフリカ大の西部に属しており、土地の大部分がサハラ砂漠に覆われています。


セネガルのピーナッツ生産地

セネガルでは主に西部のルーガ州・ジュルベル州・ティエス州・南東部のカオラック州・ファティック州でピーナッツが生産が多く生産されており、これらの地域で生産されるピーナッツは国内で生産されるピーナッツの50%を超えています。


セネガルのピーナッツの利用

セネガルでは主にピーナッツが食用と利用されますが、家畜の飼料としても利用される事がおおく、国内の貴重な生産物の一つです。輸出も非常に多くおこなわれており、セネガルの輸出品の中で4番目に多くなっています。

ミャンマーのピーナッツ 生産量


2020年にミャンマーは1,647,114トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの3.07%がミャンマーで生産されています。

ピーナッツはミャンマーで利用されているミャンマー語မြေပဲ၊(メイペル)」です。


ミャンマーのピーナッツ生産地

ミャンマーでは主に中部のマンダレー地方域で多くのピーナッツ生産がおこなわれています。マンダレー地方では様々な作物が生産されており、国内の経済を支える重要な地域になります。


ミャンマーで発生する干ばつ

マンダレー地方を含む地域で干ばつが発生しています。干ばつの影響により作物の生産量が大きく減少する事があり、国内大きな問題になっています。

アルゼンチンのピーナッツ 生産量


2020年にアルゼンチンは1,285,431トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの2.39%がアルゼンチンで生産されています。

ピーナッツはアルゼンチンで利用されているスペインmaní(マニ)」です。


アルゼンチンのピーナッツ生産地

アルゼンチンでは主に中部のサンルイス州・北部のサルタ州・北部のフォルモサ州・北西部のサンタフェ州・フフイ州・コリエンテス州で主にピーナッツが生産されています。


肥料を使わない栽培

アルゼンチンではピーナッツの栽培に肥料を利用しない方法が用いられ、土壌の栄養のバランスをとるために大豆など他の植物との「輪作」がおこなわれています。これらの輪作をおこなう国は多く、南米などでは一般的に行われている農業のスタイルになります。

ギニアのピーナッツ 生産量


2020年にインドは1,074,389トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの2.00%がインドで生産されています。

ピーナッツはスーダンで利用されているアラビア語الفول السوداني(アルフール スーダン二ウ)」です。


ギニアはどこ?

ギニアはアフリカ大陸の西に位置し、ギニアビサウ・マリ・シエラレオネと国境を接しています。


ギニアのピーナッツ生産地

ギニアではほぼ全土でピーナッツ生産がおこなわれていますが、主に中部のファラナ州・東部のカンカン州で多く生産されています。ピーナッツはギニアの貴重な食料源の一つで、重宝されている生産物の一つです。

インドネシアのピーナッツ 生産量


2020年にインドネシアは860,000トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの1.60%がインドネシアで生産されています。

ピーナッツはインドネシアkacang tanah(カッチャンタンナ)」です。


インドネシアのピーナッツ生産地

インドネシアでは主にジャワ島の東ジャワ州で多くのピーナッツ生産が生産されており、国内で生産されるピーナッツの60%が東ジャワ州で生産されています。


ジャワ島はピーナッツ生産に適した土地

ジャワ島東部は暖かく水はけの良い土地を有しており、大豆やピーナッツが非常に多く生産されています。インドネシア料理にもピーナッツが量される事が多く、ピーナッツペーストを利用した焼き鳥「サテェ」は非常に人気のある料理の一つです。

日本のピーナッツ 生産量


2020年に日本は13,200トンのピーナッツを生産しています。

世界で生産されているピーナッツの0.0024%がインドネシアで生産されています。


日本のピーナッツの生産地

日本では主に千葉県でピーナッツ生産がおこなわれており、日本で生産されるピーナッツの80%以上が千葉県で生産されています。生産されれたピーナッツは生食以外にも加工に多く利用されています。隣国の茨城県でも多く生産されています。

まとめ


ピーナッツは栄養価が非常に高く、アフリカなどの厳しい土地でもある程度栽培が可能な植物です。アフリカ諸国の雨量の少ない地域では水の利用が少なくて済む作物の栽培が増加しており、ピーナッツも今後生産量が増加する可能性があります。


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


サムネイル: 「Pixabay」から商用利用可能な写真を加工・利用しています。

-Food, Life