Health Life

世界の神経疾患による障害調整生命年(DALY)

 神経疾患は脳、脊髄、末梢神経など神経自体の病変または筋肉自体の病変によって運動障害をきたす疾患の総称で、様々な疾患が存在します。

 世界では消化器疾患による障害調整生命年はどれくらいなのでしょうか?

 DALYは指数が小さい程、健康状態が高い事を意味します。

記事の内容

世界の神経疾患による障害調整生命年(DALY)
各国の神経疾患による障害調整生命年(DALY)

世界の神経疾患による障害調整生命年(DALY)

神経疾患による障害調整生命世界一はインド世界二位は中国、世界三位はアメリカです。

世界の神経疾患による障害調整生命年(DALY)
Neurological disorders DALYs

障害調整生命年
(DALY指数)
1インド
(India)
Population: 1,402,862,229
17,640,000
2中国
(China)
Population: 1,406,473,280
16,990,000
3アメリカ
(America)
Population: 335,624,927
6,780,000
4ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
3,680,000
5日本
(Japan)
Population: 125,810,000
3,140,000
6インドネシア
(Indonesia)
Population: 274,522,988
3,100,000
7ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
2,950,000
8ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
2,860,000
9パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
2,480,000
10ドイツ
(Germany)
Population: 83,517,000
2,150,000
11バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
1,920,000
12メキシコ
(Mexico)
Population: 120,575,500
1,830,000
13イタリア
(Italy)
Population: 60,550,100
1,750,000
14イラン
(Iran)
Population: 82,913,900
1,630,000
15イギリス
(U.K)
Population: 67,530,200
1,600,000
16ベトナム
(Vietnam)
Population: 96,462,100
1,350,000
17トルコ
(Turkey)
Population: 83,429,600
1,310,000
18エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
1,260,000
19スペイン
(Spain)
Population: 46,736,800
1,240,000
20タイ
(Thailand)
Population: 69,625,600
1,180,000
21フィリピン
(Philippines)
Population: 108,116,600
1,160,000
22ウクライナ
(Ukraine)
Population: 43,993,600
1,030,000
23エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
979,219
24コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
977,859
25韓国
(Korea)
Population: 51,225,300
883,468
26ポーランド
(Poland)
Population: 37,887,800
807,420
27コロンビア
(Colombia)
Population: 50,339,400
747,052
28カナダ
(Canada)
Population: 37,411,000
745,571
29ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
724,973
30南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
707,366
31アルジェリア
(Armenia)
Population: 43,053,100
591,970
32アルゼンチン
(Argentine)
Population: 44,780,700
577,413
33タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
555,336
34モロッコ
(Morocco)
Population: 36,471,800
542,607
35ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
523,008
36イラク
(Iraq)
Population: 39,309,800
515,612
37スーダン
(Sudan)
Population: 42,813,200
497,814
38サウジアラビア
(Saudi Arabia)
Population: 34,268,500
477,686
39ネパール
(Nepal)
Population: 28,608,700
449,180
40オーストラリア
(Australia)
Population: 25,203,200
449,072
41ウズベキスタン
(Uzbekistan)
Population: 32,981,700
448,101
42ベネズエラ
(Venezuela)
Population: 28,515,800
420,158
43ルーマニア
(Rumania)
Population: 19,364,600
414,059
44ペルー
(Peru)
Population: 32,510,500
412,060
45オランダ
(Nederland)
Population: 17,097,100
410,289
46アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
406,610
47ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
389,321
48ガーナ
(Ghana)
Population: 30,417,900
389,258
49台湾
(Taiwan)
Population: 23,600,900
379,985
50カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
364,629
51マレーシア
(Malaysia)
Population: 31,949,800
363,183
52アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
357,338
出典: Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年
http://ghdx.healthdata.org/gbd-results-tool

各国の神経疾患による障害調整生命年(DALY)


障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)

障害調整生命年 (Disability-adjusted life year: DALY)
損失生存年数(Years of Life Lost: YLL)
障害生存年数(Years Lived with Disability: YLD)

から算出される数字です。

 障害調整生命年 (DALY)は病気によって人がどれだけ人生をロスするかを年の単位で表し、指標にしたものです。DALYが小さいほど、その集団の健康状態が高いことを意味します。

 日本はシンガポールに次いで非常に指数が小さく、健康状態が高いとされています。

インドの神経疾患による障害調整生命年(DALY)


 インドの神経疾患による障害調整生命年(DALY)約17,640,000です。

 インドの非感染性および傷害関連の神経障害の割合は、過去30年間で2倍以上に増加しています。2019年に記録された神経疾患の多くは脳卒中、てんかん、脳性麻痺、アルツハイマー病、パーキンソン病、などの非伝染性の疾患が82.8%を占めています。2019年に脳卒中で699,000人が死亡していて、インドの総死亡数の7.4%になります。

 非伝染性神経疾患の障害調整生命年(DALY)の割合が最も高かったのは、西ベンガル州、チャッティースガル州、オリッサ州、トリプラ州、アッサム州などのインドの東部および北東部の州で、脳炎、髄膜炎、破傷風などの伝染性神経疾患が多いのは北部のウッタルプラデーシュ州、中央部のマディヤ・プラデーシュ州、北部のウッタラーカンド州で多くなっています。

中国の神経疾患による障害調整生命年(DALY)


 中国の神経疾患による障害調整生命年(DALY)約16,990,000です。

 2017年の脳卒中の有病率は10万人中1114.8人、発生率は10万人中246.8人、死亡率は、10万人中114.8人です。中国の脳卒中の負担は過去30年間で増加しており、農村部で特に高くなっています。脳卒中の発生率と死亡率が最も高かったのは中国北東部で、次いで中国中部が多くなっています。発生率と死亡率が最も低い地域は中国南部になっています。

 欧米と比較して中国のでは脳内出血が起因する脳卒中の割合が高く、アジア人全体で脳内出血が起因する脳卒中の発生率は欧米やその他の人種と比べ2倍高くなっています。

アメリカの神経疾患による障害調整生命年(DALY)


 アメリカの神経疾患による障害調整生命年(DALY)約6,780,000です。

 2017年に米国では脳卒中、アルツハイマー病およびその他の認知症、片頭痛などの神経疾患が発生していて、州によって1.2倍から7.5倍の差があります。米国のすべての州での脳損傷の発生率、脊髄損傷の有病率、髄膜炎の有病率と死亡率、および障害調整生命年、および脳炎障害調整生命年が1990年から2017年に増加しています。

 2018年には2000万人のアメリカ人が何らかの形の神経疾患を経験しており、アメリカ人の16%に脳障害があります。アメリカの85歳以上の人の35.8%が中等度、重度のアルツハイマーなどの記憶障害があります。

ブラジル神経疾患による障害調整生命年(DALY)


 ブラジルの神経疾患による障害調整生命年(DALY)約3,680,000です。

 ブラジルでは蚊を媒介したジカ熱による脳障害が発見されています。ジカ熱は自己免疫疾患であるギランバレー症候群と関連があり、脳や脊髄の末梢神経を攻撃し、一時的な麻痺、場合によっては呼吸を呼吸器に障害をもたらします。ギランバレー症候群やジカ熱は先天性欠損症や小頭症を引き起こす可能性があるとされています。小頭症の疑いのある追加の症例を約4300件調査した結果、940件以上の症例が母親のジカ感染に関連していることが確認されています。

日本の神経疾患による障害調整生命年(DALY)


 日本の神経疾患による障害調整生命年(DALY)約3,140,000です。

 日本では高齢化と共に脳卒中やアルツハマーなどの 神経疾患の患者が増加しています。アルツハイマーなどは高齢者の事故や労働力の減少にに繋がります。

 日本では江戸時代に脚気などの神経疾患が大流行し、「江戸患い」「大坂腫れ」と呼ばれていました。大正時代には、結核と並ぶ二大国民亡国病で、死者が1000人を下回ったのは戦後の事になります。70年代でもジャンクフードなどの偏食などによりビタミン欠乏症に陥り、現在でも脚気になる人がいます。

まとめ


 今回は以上です。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, Life