Health Life

世界のマラリアによる障害調整生命年(DALY)

 マラリアはマラリア原虫をもった蚊に刺されることで感染する病気で、世界中の熱帯、亜熱帯地域で流行しています。

 世界ではマラリアによる障害調整生命年はどれくらいなのでしょうか?

 DALYは指数が小さい程、健康状態が高い事を意味します。

記事の内容

世界のマラリアによる障害調整生命年(DALY)
各国のマラリアによる障害調整生命年(DALY)

世界のマラリアによる障害調整生命年(DALY)

マラリアなどの熱帯病よる障害調整生命世界一はナイジェリア世界二位はコンゴ民主共和国世界三位はインドです。

世界のマラリアによる障害調整生命年(DALY)
Malaria & neglected tropical diseases DALYs lost

障害調整生命年
(DALY指数)
1ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
13,470,000
2コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
7,160,000
3インド
(India)
Population: 1,402,862,229
6,820,000
4ブルキナファソ
(Burkina Faso)
Population: 20,321,400
2,450,000
5ニジェール
(Niger)
Population: 23,310,700
2,440,000
6マリ
(Mali)
Population: 19,658,000
2,180,000
7ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
1,910,000
8中国
(China)
Population: 1,406,473,280
1,800,000
9カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
1,790,000
10モザンビーク
(Mozambique)
Population: 30,366,000
1,430,000
11タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
1,380,000
12コートジボワール
(Ivory Coast)
Population: 25,716,500
1,260,000
13インドネシア
(Indonesia)
Population: 274,522,988
1.240,000
14ガーナ
(Ghana)
Population: 30,417,900
1,220,000
15ギニア
(Guinea)
Population: 12,771,200
925,624
16シエラレオネ
(Sierra Leone)
Population: 7,813,200
918,944
17アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
800,666
18ベナン
(Benin)
Population: 11,801,200
763,802
19エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
749,081
20パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
713,647
21チャド
(Chad)
Population: 15,946,900
708,906
22ブルンジ
(Burundi)
Population: 11,530,600
676,851
23南スーダン
(South Sudan)
Population: 11,062,100
541,017
24ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
531,635
25マラウイ
(Malawi)
Population: 18,628,700
530,199
26トーゴ
(Togo)
Population: 8,082,400
496,224
27マダガスカル
(Madagascar)
Population: 26,969,300
492,072
28バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
487,784
29ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
410,078
30ザンビア
(Zambia)
Population: 17,861,000
391,948
31フィリピン
(Philippines)
Population: 108,116,600
387,752
32ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
370,540
33中央アフリカ
(Central African Republic)
Population: 4,745,200
335,706
34ベトナム
(Vietnam)
Population: 96,462,100
329,302
35リベリア
(Liberia)
Population: 4,937,400
286,429
36スーダン
(Sudan)
Population: 42,813,200
264,07
37アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
254,469
38ルワンダ
(Rwanda)
Population: 12,627,000
224,699
39メキシコ
(Mexico)
Population: 120,575,500
217,926
40セネガル
(Senegal)
Population: 16,296,400
201,450
41ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
185,831
42ソマリア
(Somalia)
Population: 15,442,900
173,151
43コンゴ共和国
(Republic of the Congo)
Population: 5,380,500
164,481
44ネパール
(Nepal)
Population: 28,608,700
146,183
46タイ
(Thailand)
Population: 69,625,600
139,865
47南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
104,401
48イエメン
(Yemen)
Population: 29,161,900
102,839
49エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
94,249
50ジンバブエ
(Zimbabwe)
Population: 14,645,500
92,517
51カンボジア
(Cambodia)
Population: 16,486,500
91,349
52ベネズエラ
(Venezuela)
Population: 28,515,800
83,772
53パプアニューギニア
(Papua New Guinea)
Population: 8,776,100
76,888
日本
(Japan)
Population: 125,810,000
1,491
出典: Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年
http://ghdx.healthdata.org/gbd-results-tool

各国のマラリアによる障害調整生命年(DALY)


障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)

障害調整生命年 (Disability-adjusted life year: DALY)
損失生存年数(Years of Life Lost: YLL)
障害生存年数(Years Lived with Disability: YLD)

から算出される数字です。

 障害調整生命年(DALY)は病気によって人がどれだけ人生をロスするかを年の単位で表し、指標にしたものです。DALYが小さいほど、その集団の健康状態が高いことを意味します。

 日本はシンガポールに次いで非常に指数が小さく、健康状態が高いとされています。

ナイジェリアのマラリアによる障害調整生命年(DALY)


 ナイジェリアのマラリアよる障害調整生命年(DALY)約13,470,000です。

 マラリアはナイジェリア全土で感染する可能性があります。人口の76%はマラリアにかかる可能性のの高い地域に住んでおり、南部では一年中マラリアにかかる可能性があります。ナイジェリアの北部ではマラリアにかかる可能性がある季節は3ヵ月程度です。ナイジェリアで主にマラリアを媒介するのは「ガンビエハマダラカ」という蚊です。

 2020年の世界のマラリア感染の報告書によると、ナイジェリアは2019年に世界のマラリア症例の27%がマラリア国内で発生していています。世界一マラリアの感染例が多く、世界のマラリアによって死亡する人の23%がマラリア国内で発生しています。

 症例数は2016年から2019年の間に3.5%増加し、人口1000人あたり293人から303人に増加しました。

コンゴ民主主義共和国のマラリアによる障害調整生命年(DALY)


 コンゴ民主主義共和国マラリアよる障害調整生命年(DALY)約7,160,000です。

 コンゴ民主主義共和国は、世界で発生しているマラリアの症例数の12%、死亡数の11%がコンゴ民主主義共和国で発生していています。感染例は世界で2番目に多く、2018年に中央アフリカで発生したマラリアの54.6%がコンゴ民主主義共和国で発生しています。

 マラリアはコンゴ民主主義共和国の死亡率を上昇させている主な原因の1つです。2018年の外来通院の44%がマラリアによるもので、死亡は22%を占めています。国の北部と中央でマラリアが多く発生し、大きな問題になっています。

 2016年から2019年の間にマラリアの症例は、人口1000人あたり305人から326人に7%増加しています。マラリアにかかる危険がある人は1000人あたり約0.51人です。

インドのマラリアによる障害調整生命年(DALY)


 インドマラリアよる障害調整生命年(DALY)約6,820,000です。

 インド全体でマラリアにかかる可能性があり、13億人近くがマラリアに感染するリスクがあるといわれています。インドは世界のマラリア症例の2%、死亡の2%がインド国内で発生しています。アフリカに比べて低水準になっていますが、人口が多く、患者数は非常に多くなっています。東南アジアで発生しているマラリアの85.2%がインドで発生していて、三日熱マラリア(48時間ごとに発熱を繰り返す)の原虫の47%がインドで発生しています。東南アジア地域のマラリアの発症率の低下、撲滅させるためには、インドを重点的に予防国とする必要があります。

 インドはマラリアの治療、管理、根絶に向けて非常に積極的に行動しています。2019年には2016年より680万人減少、マラリアにかかるリスクのある人口は1000人あたり10人から4.3人に減少しました。死亡者数も人口1000人あたり0.018人から0.006人に減少しています。

ブルキナファソのマラリアによる障害調整生命年(DALY)


 ブルキナファソのマラリアよる障害調整生命年(DALY)約2,450,000です。

 マラリアはブルキナファソの主要な病気の一つです。全国的な風土病であり、雨季の6月から10月にかけてマラリアの急増が見られます。国内の中で気候の違いがあり、国の北部では最大3か月、中央では6か月、南部では9か月にわたりマラリア感染の注意が必要になります。

 ブルキナファソもマラリアの症例数と死亡数が最も多い国の一つで、世界の症例の3%、死亡数の4%がブルキナファソで発生しています。外来通院全体の43%がマラリアによるもので、22%が死亡につながっています。

 近年は予防接種や適切な治療により、死亡率が2016年から2019年の間に17.3%減少していて、人口1000人あたり0.87から0.72に減少しています。症例数も減少していて、人口1000人あたり402人から387人に減少しています。

ニジェールのマラリアによる障害調整生命年(DALY)


 ニジェールのマラリアよる障害調整生命年(DALY)約2,440,000です。

 ニジェールは世界で最も貧しい国の1つであり、人口の80%が1日226円未満(2021年現在)で生活していて、病院が5km以内に存在している地域の移住者は人口の48%です。国民の84%が地方に住んでいますが、医療提供者の24%が地方に住んでおり医師や医療提供者が不足しています。

 マラリアはニジェール全土で発生しています。国で発生する病気の28%がマラリアで、約50%が死亡しています。子供のマラリア関連の死亡率は2014年から2015年の間に、死亡者全体の74%、子供の死亡の3/4がマラリアが原因です。

 ニジェールでも予防接種や適切な医療の提供により、2015年から2019年の間に症例数は7.9%減少、死亡数は25.9減少しています。

まとめ


 マラリアによって死亡する確率は非常に高くなっています。マラリアの発生率の高い国へ行く人は現地の事前調査をおこない、適切な予防接種をおこなうようにしてください。

 今回は以上です。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, Life