Image:https://pixabay.com

Food

コーラの原料だった!?世界のコーラナッツ 生産量ランキング

「コーラナッツ」は「コーラ」の原料として利用されていましたが、現在は利用されていません。2~4%のカフェインが含まれており、含有量は「カカオ」より多くなります。

コーラナッツはどの国でどのくらい生産されているのでしょうか?

世界のコーラナッツ
生産量ランキング

世界のコーラナッツ生産量
世界一位 ナイジェリア
世界二位 コートジボアール
世界三位 カメルーン

世界のコーラナッツ 生産量ランキング
Kola nuts
Production (tonnes/year)

生産量
(トン)
2022年
世界合計315024.47
ナイジェリア174107.87
コートジボワール58640.8
カメルーン48570.69
中部アフリカ48570.69
ガーナ24643.73
シエラレオネ8450.11
ベナン611.26
チャド0

出典: ©United Nations Food and Agriculture Organization
データを元にFumib.netがリストを制作

各国
コーラナッツ 生産量

出典: ©United Nations Food and Agriculture Organization
2021年のデータを元にFumib.netがグラフを制作

コーラナッツとは?
コーラナッツはアオイ科コラノキ属コラノキ(Cola nitida)という植物の一種で、「オクラ」「カカオ」「ドリアン」などがアオイ科の植物に含まれています。

カフェインが含まれる
コーラナッツの種子には「カフェイン」が多く含まれています。アフリカなどで「嗜好品」として消費されており、強い渋みがあります。

コーラの原料として利用されていた
コーラナッツは名前の通り、「コーラ」の原料として利用されていました。現在コーラナッツを利用したコーラは「クラフトコーラ」の原料として利用される場合がありますが限定的です。

コーラは薬だったの?
薬剤師がコーラナッツから抽出された「香料」「カフェイン」に「炭酸水」「その他の材料」を混ぜて作られた飲み物です。「栄養ドリンク」「神経を落ち着かせる薬」などとして販売されましたが、現在は材料が大きく異なります。

ナイジェリア
コーラナッツ生産

コーラナッツの生産地
コーラナッツの栽培はアフリカの熱帯熱帯雨林で栽培されています。

西アフリカのナイジェリアではコーラナッツが伝統的に消費されます。「イスラム教」の嗜好品として利用される事が多く、主に南西部の「オグン州」、東部の「クワラ州」、南東部の「オスン州」「オヨ州」で非常に多く生産されており、経済を支える重要な生産品の一つです。

消費が多いのは北部
生産が多いのはナイジェリアの南西部ですが、消費が多いのはナイジェリアの北部です。約2~4%の「カフェイン」を含み、カフェインの含有量は「コーヒー」より多くなります。

コーラの実には非常に強い苦味がありますが、噛んでいるとだんだん甘くなります。

コーラナッツは現在も飲料に利用される
コーラナッツの栽培は醸造所・飲料会社と契約している農家によって栽培されています。

コートジボワール
コーラナッツ生産

増加するコーラナッツの生産量
コートジボアールではコーラナッツの生産量が爆発的に増加しています。

国内で生産されたコーラナッツは「セネガル」「ブルキナファソ」「ガンビア」「モーリタニア」「ナイジェリア」など多くのアフリカの国々へ輸出されます。

コートジボアールはサヘル諸国(アフリカ大陸の北部・サハラ砂漠南部の半乾燥地帯)に存在し、国内で生産されるコーラナッツの1/4がサヘル諸国へ輸出されます。最も多く輸出されるのが「ナイジェリア」であり、国内で生産された多くのコーラナッツがナイジェリアへ輸出されています。

サヘル地域では「冠婚葬祭」に利用
コーラナッツはサヘル地域で持参金(お金として利用)として利用される事が多く、結婚・洗礼・葬儀などの場で提供されます。古くから続く風習ですが、現在も利用される事が多くなります。

コートジボアールのコーラナッツ生産地
主に南部の「アニェビ=ティアサ州」、南東部の「インデニエ=ジブアリン州」「南コモエ州」、南西部の「低サッサンドラ地方」などで多く生産されています。

カメルーン
コーラナッツ生産

カメルーンのコーラナッツ生産
カメルーンも限定的にコーラナッツを海外へ輸出しています。おもな輸出先は「ベルギー」「フランス」「チャド」「赤道ギニア」です。

カメルーンでも冠婚葬祭に利用
カメルーンも「サヘル地域」に属しており、コーラナッツは「結婚式」などの大きなイベントでゲストをもてなす重要な「嗜好品」として利用されます。

重要な収入源
カメルーンは「コーヒー」を多く栽培している家庭が多く存在しますが、コーラナッツも貴重な収入源の一つです。栽培には多くの女性が従事しており、「物々交換」などもおこなわれています。

カメルーンのコーラナッツ生産地
主に西部の「北西州」「西部州」「リトラル州」などで多く生産されています。

ガーナ
コーラナッツ生産

ガーナのコーラナッツ生産
ガーナは将来的にコーラナッツの世界最大の生産地「ナイジェリア」生産量を追い抜くと言われています。

ナイジェリアで生産されているコーラナッツの90%以上が国内消費されており、輸出量は10%程度です。輸出量ではガーナがナイジェリアを上回っており、今後も増加すると思われます。コーラナッツ農家の高齢化や害虫による被害などが拡大しており、国内で生産されるコーラナッツの30~70%が損傷を受けています。

ガーナのコーラナッツ生産地
主に東部の「イースタン州」、中南部の「アシャンティ州」、中部の「ブロング=アハフォ州」、南東部の「ヴォルタ州」「ウェスタン州」でコーラナッツが生産されており、中部~南部にかけて生産がおこなわれています。

シエラレオネ
コーラナッツ生産

シオラレオネでも冠婚葬祭にコーラナッツを利用
シエラレオネでは他のサヘル地帯同様にコーラナッツが「儀式・式典」の際に利用される傾向があり、ゲストの歓迎・商談の成立・和解を示す際の嗜好品として贈られる事が多くなります。

断食の際に利用
シオラレオネはイスラム教徒が大半を占めています。イスラム教には「ラマダーン」という断食をおこなう期間があり、日中は食事をとりません。ラマダーン期間中は日没から食事が始まり、水・生姜・コーラの実・唐辛子・砂糖を加えら一種の「クラフトコーラ」を作り提供される事があります。

シエラレオネのコーラナッツの生産地
主に東部の「東部州」でコーラナッツを生産しています。東部州では「コーヒー」「カカオ」なども非常に多く生産しています。

冷蔵庫がない
シエラレオネは冷蔵庫が無い家が多く、コーラナッツの保存は「マンゴーの葉」などでつくられたバスケットに保管される事が多く、6か月以上保管する事が可能です。

ベナン
コーラナッツ生産

ベナンのコーラナッツ生産地
主に「南部地域」でコーラナッツの生産がおこなわれています。

ベナンの森林破壊
ベナンでは新たな農地開拓により多くの森林を伐採しており、森林破壊に拍車をかけています。アフリカの多くの国で人口増加が続いており、ベナンの人口も大きく人口が増加しています。様々な作物が増産されると同時に開拓が進み、今後も環境破壊が続くと思われます。

持続可能な農業
世界では「持続可能な農業」を求められていますが、アフリカ諸国は貧困層が多く、持続可能な農業な農業を行なうには資金不足であり、非常に難しいと思われます。現在も「「炭」を利用して調理をおこなう家庭がほとんどであり、持続可能な農業をおこなう以前に様々な問題を抱えています。

チャド
コーラナッツ生産

チャドはどこ?
チャドはアフリカ大陸の中央に位置し、「サヘル地帯」に属します。多くの地域が砂漠に覆われており、生産されている作物は限定的になります。農業がおこなわれているのは主に南部であり、コーラナッツの生産も主に南部でおこなわれています。

チャドもコーラナッツは冠婚葬祭で
チャドもイスラム教を主体とする国で、コーラナッツが冠婚葬祭時の贈り物として利用されています。

イスラム教の中でも少ない「嗜好品」
イスラム教には食のタブーが多く意が必要です。ハラール食(イスラム教で認められた食品)以外を口にする事が宗教で禁じられており、贈り物などは注意が必要です。

まとめ

日本ではコーラナッツが生産されていない
日本でコーラナッツは生産されていませんが、国内でクラフトコーラの人気が上昇しています。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

サムネイル: 「Pixabay」から商用利用可能な写真を加工・利用しています。

-Food