Life

海外発送:関税はいくらかかるのか?

海外のショッピングサイトなどで商品を購入し、品物を日本に送る場合関税という税金がかかります。

この関税、どれくらいかかるのでしょうか?


 記事の内容

海外発送などにかかる関税はいくらぐらいかかるの?

輸入にかかる関税
いくらかかるのか?

関税とは何か?


関税とは、海外などで商品を購入し、その商品が国境を通過する際に課せられる税金の事です。海外のサイトなどで商品を購入した際にかかるのでご注意ください。

なぜ関税が存在しているのか?


消費者は少しでも安い物を買いたいと考えます。

もし税金がかかっていない場合、税金のかかっていない商品の方が安く買える可能性が高くなり、消費者はそちらを選ぶようになります。

これではとても不公平になってしまいます。


私たち消費者にとって嫌な話ですが、日本の生産者は海外の安い商品ばかり買われてしまうと困ってしまいます。そのため関税などで税金をかけ、日本の商品も平等に購入してもらうために存在しています。

関税はどれぐらいかかるの?


関税は個人で使用する場合と商用として使用する場合によって額が異なります。一般的に商用で使用する場合の方が高額になります。

個人での使用目的の場合


個人での使用目的で商品を購入した商品の場合、

1万円以上20万円以下の商品に対して、価格の60%に税金がかかります。
これは少額輸入貨物という扱いになり、個人の場合優遇されます。


例えば、

10万円の物を購入した場合、価格の60%税金がかかるので、6万円に対して税金を払います。
10万円の商品を購入した場合で仮に関税率が10%の品物だと、

10万円(商品、送料)×0.6(簡易税率)×0.1(関税率)=6000円

10万円の商品に対して、6000円を払う必要があります。


 ポイント
送料を含めて1万6666円以下である場合、免税されます。なぜ1万6666円かというと、
個人輸入の場合、一万円から関税がかかるのですが、商品の60%の値段に関税がかかります。

1万円の品物は商品の60%に税金がかかるので、6000円になり免税になります。
一万円を超える額が1万6666円からという事になります。

1万円÷0.6 = 16,666円

お酒、たばこ、革製のバッグなどの革製品、パンスト、タイツ、手袋、履物、スキー靴、ニット製衣類は送料を含めて1万6666円以下であっても簡易税率は適応されません。これらの商品は、購入した代金の100%に対して税率がかかります


少額貨物の簡易税率表

品目〔具体的な品目例〕関税率
1酒類
(1) ワイン
(2) 焼酎等の蒸留酒
(3) 清酒、りんご酒 等
70円/L
20円/L
30円/L
2トマトソース
氷菓
なめした毛皮
毛皮製品 等
20%
コーヒー
茶(紅茶を除く)
なめした毛皮
(ドロップスキンを除く)
15%
衣類及び衣類附属品10%
プラスチック製品
ガラス製品
銅、アルミニウム製品
家具
3%
ゴム、紙、陶磁製品、
鉄鋼製品、すず製品
無税
その他のもの
5%
出典: 税関


少額貨物でも一般税率が適応される品物があります。
米などの穀物とその調製品、ミルク、クリームなどとその調整品
ハムや牛肉缶詰などの食肉調製品
たばこ、精製塩
旅行用具、ハンドバッグなどの革製品
ニット製衣類、履物、身辺用模造細貨類(卑金属製のものを除く)


商用目的で商品を購入した場合


購入者が個人ではなく商用の場合、商品の値段の100%にたいして税金がかかります。
100万円の商品を購入した場合で仮に関税率が10%の品物だと、

100万円(商品、送料)×0.1(関税率)=10万円

100万円の商品に対して、10万円円を払う必要があります。


20万円以上の商品は、外国に品物を送る場合も受け取る場合も原則として、税関へ輸出入申告を行い、許可を受けることが必要があります。
輸出入申告などの通関手続は、郵便事業株式会社や他の通関業者に委任することができます。

これは海外でも同じで、商用の場合の通関手続きには、通関業者(ブローカー)を通して書類などを作成するのが海外では一般的です。

-Life