https://pixabay.com/

Food Life

世界のクランベリー 生産量ランキング

クランベリーはツツジ科の植物で、ブルーベリーの仲間です。酸性の土壌を好み、北半球の寒い地域で栽培される事が多いですが、ハワイなどの温暖な地域でも栽培されています。

クランベリーはどの国がどれくらい生産しているのでしょうか?

世界のクランベリー 生産量ランキング

クランベリーの生産量世界一はアメリカ世界二位はカナダ世界三位はチリです。


世界のクランベリー 生産量ランキング
Cranberries - Production (tonnes/year)

生産量
(トン)
(t)
2020年
世界合計663,345
1アメリカ
(America)
355,163
2カナダ
(Canada)
161,903
3チリ
(Chile)
128,054
4テュルキエ
(Turkiye)
14,231
5アゼルバイジャン
(Azerbaijan)
2,854
6ルーマニア
(Romania)
585
(2017年)
7ウクライナ
(Ukraine)
411
8ラトビア
(Latvia)
364
(2017年)
9北マケドニア
(North
Macedonia)
295
10ベラルーシ
(Belarus)
252
11チュニジア
(Tunisia)
182
12ブルガリア
(Bulgaria)
86
(2017年)
出典: United Nations Food and Agricultural Organization (FAO) 2020年から作成
https://www.fao.org/faostat/en/#data/
©FAO


各国のクランベリー 生産量


クランベリーエネルギー

クランベリーのエネルギーは100gあたり約300Kcalです。


「ブルーベリーの生産量ランキング」はこちらになります。よろしかったらご覧ください。

アメリカのクランベリー 生産量


2020年にはアメリカで355,163トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの53.54%がアメリカで生産されています。


アメリカのクランベリーは主にアメリカ北東部のウィスコンシン州で国内生産されているクランベリーの半分が生産されています。マサチューセッツ州、ニュージャージー州、アメリカ北西部のオレゴン州、ワシントン州でも生産されて、多くのクランベリーが国内に提供、海外に輸出されています。

クランベリーの栽培は1810年にマサチューセッツ州からはじまり、そこから拡大していきました。

クランベリーの語源は鶴(Crane)ベリー(Berry)から来ていて、ヨーロッパからアメリカに渡った移民が鶴に似ている部分を多く持ったベリーをクランベリーと呼んだのがきっかけとされています。

北米では先住民が食用としていて、薬や染料としても使用されていました。

カナダのクランベリー 生産量


2020年にはカナダで161,903トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの24.44%がカナダで生産されています。


カナダではブリティッシュコロンビア州で国内で生産されている95%のクランベリーを生産しています。ニューブランズウィック州、オンタリオ州、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューファンドランド・ラブラドール州、ケベック州でも生産されていて、ケベック州でも大きな生産量があります。

カナダでは近年クランベリーの人気が高まり、国内需要が増加しています。2017年には作付面積を大きく拡大していて、ケベック州では倍以上の作付面積が増加しています。

ケベック州では技術開発や機械での収穫、灌漑方法などが進化していて、非常に効率の良い生産と収穫が行なわれています。大量生産は過剰生産につながり、マーケットの値段が下落する恐れがありますが、新たなマーケット先を多角化するなど様々な方法がとられています。

チリのクランベリー 生産量


2020年にはチリで128,054トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの19.30%がチリで生産されています。

チリで利用されているスペイン語でクランベリーはArándano(アランダノ)」です。


チリのクランベリー参入は近年で、2000年以降の生産量増加が大きく、2005年の12,200トンから現在まで10倍以上増加しています。

クランベリーは収穫の仕方が独特で、畑につかるぐらいの水をはり、浮かんできたクランベリーを収穫します。畑一面が赤く染まる光景は非常に美しく、収獲の時期には多くの人が写真の撮影に来ます。

テュルキエのクランベリー 生産量


2020年にはテュルキエで14,231トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの2.14%がテュルキエで生産されています。

クランベリーはテュルキエYaban mersini(ヤバンメルシー二)」といいます。


クランベリーはテュルキエ全土で生産されて黒海周辺では自生しています。主な生産地はトルコ東部のマラティヤ県、北西部のブルサ県、北東部のヤロヴァ県で生産されています。

クランベリーはトルコのような温暖な気候でも良く育ちます。天候不順による生産量の増減が大きいですが寒さにも非常に強く、多くのクランベリーが生産されています。

トルコのクランベリーはドライフルーツ、ジャム、マーマレードなど様々な物に加工され、日本を含む多くの国へ輸出されています。

アゼルバイジャンのクランベリー 生産量


2020年にはアゼルバイジャンで2,854トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの0.43%がアゼルバイジャンで生産されています。

クランベリーはアゼルバイジャン語Zoğal(ゾゴール」といいます。

アゼルバイジャン人は主にイスラム教を信仰していますがトルコ同様に世俗化(宗教が近代社会で衰退するという考え方)が進んでいて、飲酒などが自由になっています。そのためお酒を加工する工場が多く、クランベリーを利用したお酒などもアゼルバイジャン国内で生産されています。

ルーマニアのクランベリー 生産量


2020年にはルーマニアで585トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの0.00088%がルーマニアで生産されています。

クランベリーはルーマニア語で「merisor(メリーサー)」といいます。

ウクライナのクランベリー 生産量


2020年にはウクライナで411トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの0.00061%がウクライナで生産されています。

クランベリーはウクライナ語で「Журавлина(ジュラブリィナ)」といいます。

ラトビアのクランベリー 生産量


2020年にはラトビアで364トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの0.00054%がラトビアで生産されています。

クランベリーはラトビア語で「dzērvene(ゼルベネ)」といいます。

北マケドニアのクランベリー 生産量


2020年には北マケドニアで295トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの0.00044%が北マケドニアで生産されています。

クランベリーはマケドニア語で「брусница(ブルシ―ツィア)」といいます。

ベラルーシのクランベリー 生産量


2020年にはベラルーシで252トンのクランベリーを生産しています。

世界で生産されているクランベリーの00.00037%がベラルーシで生産されています。

クランベリーはベラルーシ語で「журавіны(ジュラヴィヌィ)」といいます。

まとめ


日本ではクランベリーが生産されていませんが、少量を生産している農家は存在しています。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


サムネイル: 「Pixabay」から商用利用可能な写真を加工・利用しています。

-Food, Life