Health Life

世界の癌による障害調整生命年(DALY)

 日本の癌による死亡者は2019年に男性の4人に1人、女性の6人に1人と、非常に多くの死亡者を出している病気です。世界でも多くの人が癌により死亡しており、非常に大きな問題になっています。

世界では癌に よる障害調整生命年はどれくらいなのでしょうか?

DALYは指数が小さい程、健康状態が高い事を意味します。

記事の内容

世界の癌による障害調整生命年(DALY)
各国の癌による障害調整生命年(DALY)

世界の癌による障害調整生命年(DALY)

による障害調整生命年世界一は中国世界二位はインド世界三位はロシアです。

世界の癌による障害調整生命年(DALY)
Cancer DALYs lost

死亡者数
2017年
(人)
1中国
(China)
Population: 1,406,473,280
63,590,000
2インド
(India)
Population: 1,402,862,229
26,480,000
3アメリカ
(America)
Population: 335,624,927
14,730,000
4ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
7,120,000
5日本
(Japan)
Population: 125,810,000
6,690,000
6ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
6,140,000
7パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
5,940,000
8インドネシア
(Indonesia)
Population: 274,522,988
5,680,000
9ドイツ
(Germany)
Population: 83,517,000
4,820,000
10フランス
(France)
Population: 65,129,700
3,400,000
11イギリス
(U.K)
Population: 67,530,200
3,360,000
12ベトナム
(Vietnam)
Population: 96,462,100
3,240,000
13イタリア
(Italy)
Population: 60,550,100
3,200,000
14ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
3,170,000
15バングラデシュ
(Bangladesh)
Population: 163,046,200
2,820,000
16メキシコ
(Mexico)
Population: 120,575,500
2,580,000
17タイ
(Thailand)
Population: 69,625,600
2,580,000
18ウクライナ
(Ukraine)
Population: 43,993,600
2,510,000
19フィリピン
(Philippines)
Population: 108,116,600
2,460,000
20トルコ
(Turkey)
Population: 83,429,600
2,380,000
21ポーランド
(Poland)
Population: 37,887,800
2,350,000
22スペイン
(Spain)
Population: 46,736,800
2,180,000
23韓国
(Korea)
Population: 51,225,300
1,990,000
24ミャンマー
(Myanmar)
Population: 54,045,400
1,710,000
25アルゼンチン
(Argentine)
Population: 44,780,700
1,660,000
26エジプト
(Egypt)
Population:100,388,100
1,620,000
27イラン
(Iran)
Population: 82,913,900
1,590,000
28エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
1,460,000
29南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
1,270,000
30台湾
(Taiwan)
Population: 23,600,900
1,210,000
31オーストラリア
(Australia)
Population: 25,203,200
1,210,000
32ルーマニア
(Rumania)
Population: 19,364,600
1,190,000
33北朝鮮
(North Korea)
Population: 25,500,000
1,140,000
34コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
1,100,000
35オランダ
(Nederland)
Population: 17,097,100
999,804
36タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
956,193
37ベネズエラ
(Venezuela)
Population: 28,515,800
805,022
38ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
748,723
39マレーシア
(Malaysia)
Population: 31,949,800
707,141
40ハンガリー
(Hungary)
Population: 9,684,700
696,985
41ペルー
(Peru)
Population: 32,510,500
693,365
42ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
691,778
43チリ
(Chile)
Population: 18,952,000
633,510
44アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
619,231
45アルジェリア
(Armenia)
Population: 43,053,100
613,768
46ウズベキスタン
(Uzbekistan)
Population: 32,981,700
609,395
47セルビア
(Serbia)
Population: 8,772,200
595,737
48チェコ
(Czech)
Population: 10,689,200
593,246
49ベルギー
(Belgium)
Population: 11,539,300
576,739
50ギリシャ
(Greece)
Population: 10,473,500
571,081
51ポルトガル
(Portugal)
Population: 10,226,200
565,791
52キューバ
(Cuba)
Population: 11,333,500
563,615
出典: Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年

各国の癌による障害調整生命年(DALY)


障害調整生命年 (DALY) = 損失生存年数 (YLL) + 障害生存年数 (YLD)

障害調整生命年 (Disability-adjusted life year: DALY)
損失生存年数(Years of Life Lost: YLL)
障害生存年数(Years Lived with Disability: YLD)

から算出される数字です。

 DALYは病気によって人がどれだけ人生をロスするかを年の単位で表し、指標にしたものです。DALYが小さいほど、その集団の健康状態が高いことを意味します。

 日本はシンガポールに次いで非常に指数が小さく、健康状態が高いとされています。

中国の癌による障害調整生命年(DALY)


 中国の2017年の癌による障害調整生命年(DALY)約63,590,000です。

 中国では肺ガン患者が国内で一番多く存在していましたが、2020年には乳ガン患者数が肺がん患者を抜き一番多くなっています。肺癌、肝臓癌、胃癌、乳癌、結腸癌などが癌関連死の上位5つの主要な原因であり、肝臓がんを患う患者が近年増加しています。

 中国の癌発生率は10万人あたり204.8人で、世界65位、癌による死亡率は10万人あたり129.4人で13位と非常に高くなっています。

 生活環境の大きな変化により、癌患者の数が日本同様に上昇しているのが顕著に見れます。

インドの癌による障害調整生命年(DALY)


 インドの2017年の癌による障害調整生命年(DALY)約26,480,000です。

 インドの癌発生率は10万人あたり97.1人で、癌による死亡率は10万人あたり63.1人です。インドは癌の早期発見に非常に力を入れていて、他国より癌の発生率、死亡率が他国と比べると低い水準になっています。癌治療は治療費などが非常に高く、80%が国民の負担になります。インドでは癌に対する予防、教育などが医師などによって行われている事も発生率、死亡率の低下に繋がっていると思われます。

アメリカのによる障害調整生命年(DALY)


 アメリカの2017年の癌による障害調整生命年(DALY)は約14,730,000です。

 アメリカの癌発生率は10万人あたり362.2人で、癌による死亡率は10万人あたり86.3人です。他国よりも非常に高い水準なのは、優れた機器による癌のスクリーニングにより癌の検出に繋がっていると思われます。

 アメリカで最も一般的な癌は、乳癌、前立腺癌、肺癌、結腸癌、皮膚癌が多くなっています。

 癌は非常に一般的な病気で、アメリカ人男性の2人に1人、女性3人に1人が癌かかると言われています。アメリカのメディケア(医療保険)に加入している人は治療費が保険によりカバーされますが、癌治療は長期に及ぶことが多くなります。治療やリハビリなどにより仕事ができない状況が続いたり、家族や恋人の入院中の宿泊費、食費、交通費など様々な出費が重なり、経済的困難な状況が発生する可能性があります。アメリカにはがん保険が存在していて、がん保険にはこのような出費などをカバーできるケースが多くなり、別途にがん保険に加入している人も非常に多く存在しています。

ロシアの癌による障害調整生命年(DALY)


 ロシアの2017年の癌による障害調整生命年(DALY)約7,120,000です。

 ロシアの癌発生率は10万人あたり234.3人で、癌による死亡率は10万人あたり113.7人です。

 ロシアでは癌による死亡率が非常に高く、予防や早期発見などが非常に重要になります。私も癌患者の付き添い人として病院を訪れた事がありますが、医師により処置の方法が様々です。なるべく大きな病院の医師のセカンドオピニオンを求める事をお勧めします。

 ロシアで最も一般的な癌には、乳癌、肺癌、前立腺癌、結腸癌、胃癌などがあります。

日本の癌による障害調整生命年(DALY)


 日本の2017年の癌による障害調整生命年(DALY)約6,690,000です。

 日本の癌発生率は10万人あたり285.1人で、癌による死亡率は10万人あたり81.5人です。

 日本でも癌を患う人は非常に多く、4人に1人が癌になっています。死亡率も一番高く、二位の心疾患の約2倍の数値となり多くの人が癌により死亡しています。

 予防は難しく、癌は一般的な病気と捉え、がん検診を定期的に行い早期発見につなげる事が非常に重要だと思われます。

まとめ


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, Life