Health Life

世界の病気による死亡者数(10万人あたり)

世界ではなんらかの病気により多くの人が死亡しています。医療体制が整備されている国の死亡率は低く、整備されていない国の死亡者数は多くなります。

世界ではどのくらい病気による死亡者がいるのでしょうか?

記事の内容

世界の病気による死亡者数(10万人あたり)
各国の病気による死亡者数(10万人あたり)

世界の病気による死亡者数(10万人あたり)

病気による死亡者数世界一は中央アフリカ世界二位はレソト世界三位は南スーダンです。

世界の病気による死亡者数(10万人あたり)
Burden of disease

死亡者数
(10万人
あたり)
1中央アフリカ
(Central African
Republic)
Population: 4,745,200
96,470.91
2レソト
(Lesotho)
Population: 2,125,300
75,805.94
3南スーダン
(South Sudan)
Population: 11,062,100
67,989.90
4モザンビーク
(Mozambique)
Population: 30,366,000
65,564.93
5パプアニューギニア
(Papua New Guinea)
Population: 8,776,100
63,819.51
6チャド
(Chad)
Population: 15,946,900
63,126.54
7シエラレオネ
(Sierra Leone)
Population: 7,813,200
62,171.28
8ソマリア
(Somalia)
Population: 15,442,900
62,153.35
9ギニアビサウ
(Guinea-Bissau)
Population: 1,920,900
61,936.52
10エスワティニ
(Eswatini)
Population: 1,148,100
61,391.00
11マリ
(Mali)
Population: 19,658,000
59,694.02
12ギニア
(Guinea)
Population: 12,771,200
59,374.29
13ブルキナファソ
(Burkina Faso)
Population: 20,321,400
57,810.08
14コンゴ民主共和国
(Democratic Republic
of the Congo)
Population: 86,790,600
57,690.80
15エリトリア
(Eritrea)
Population: 3,497,100
57,076.41
16アフガニスタン
(Afghanistan)
Population: 38,041,800
56,925.15
17ジンバブエ
(Zimbabwe)
Population: 14,645,500
56,253.68
18ブルンジ
(Burundi)
Population: 11,530,600
55,770.82
19ニジェール
(Niger)
Population: 23,310,700
54,661.16
20コートジボワール
(Ivory Coast)
Population: 25,716,500
54,257.12
21ナイジェリア
(Nigeria)
Population: 200,963,600
53,711.82
22キリバス
(Kiribati)
Population: 117,600
53,679.74
23マラウイ
(Malawi)
Population: 18,628,700
52,313.25
24カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
52,120.33
25マダガスカル
(Madagascar)
Population: 26,969,300
51,989.76
26ザンビア
(Zambia)
Population: 17,861,000
51,675.32
27アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
51,390.41
28リベリア
(Liberia)
Population: 4,937,400
51,219.83
29ベナン
(Benin)
Population: 11,801,200
50,235.16
30トーゴ
(Togo)
Population: 8,082,400
49,336.86
31ハイチ
(Haiti)
Population: 11,263,100
49,023.73
32バヌアツ
(Vanuatu)
Population: 299,900
47,730.23
33マーシャル諸島
(Marshall Islands)
Population: 58,800
47,288.21
34ガンビア
(Gambia)
Population: 2,347,700
46,916.56
35赤道ギニア
(Equatorial Guinea)
Population: 1,356,000
46,657.39
36ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
46,651.42
37ガーナ
(Ghana)
Population: 30,417,900
45,910.46
38パキスタン
(Pakistan)
Population: 216,565,300
45,532.53
39南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
45,453.02
40ナミビア
(Namibia)
Population: 2,494,500
45,245.29
41ケニア
(Kenya)
Population: 52,574,000
45,177.70
42ソロモン諸島
(Solomon Islands)
Population: 669,800
44,967.81
43イエメン
(Yemen)
Population: 29,161,900
44,559.64
44タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
44,298.82
45ガボン
(Gabon)
Population: 2,172,600
42,486.41
46ラオス
(Laos)
Population: 7,169,500
41,789.47
47ミクロネシア連邦
(Micronesia)
Population: 113,800
41,774.40
48セネガル
(Senegal)
Population: 16,296,400
41,359.13
49エチオピア
(Ethiopia)
Population: 112,078,700
40,653.53
50ルワンダ
(Rwanda)
Population: 12,627,000
40,388.02
Global Burden of Disease Collaborative Network. Global Burden of Disease Study 2017 (GBD 2017) Results. Seattle, United States: Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME), 2018年
http://ghdx.healthdata.org/gbd-results-tool

各国の病気による死亡者数(10万人あたり)


アフリカ諸国は医療などのインフラの整備が整っていません。

中央アフリカ共和国の病気による死亡者数


中央アフリカ共和国の病気による死亡者数は96,470人です。

中央アフリカ共和国は、政治的な混乱と人道的危機の長い歴史を持つ国です。非常に貧しい国の一つで、世界で非常に低いの健康指標(健康の状態を示す数値)が付いています。世界で6番目に高い乳児死亡率、3番目に高い妊産婦死亡率で、医療体制や制度にも大きな問題があります。

中央アフリカ共和国で多い病気


マラリア
マラリアは中央アフリカで一般的な病気で、子供の死亡の原因の多数がマラリアによるものです。蚊が媒介する感染症で、予防接種などが必要になります。

エイズ
エイズ感染者数も多く、2013年には国民の4.9%がエイズで、特に女性の割合が多くなっています。

コレラ
2016年には大規模なコレラが発生しています。2013年の紛争によって批難した人々は清潔な水を利用する事が制限され、コレラ菌に汚染された水や食べ物を食べコレラにかかるケースが多くなっています。

結核
中央アフリカでは結核患者も非常に多く2012年には8084年の結核患者が報告されています。

レソトの病気による死亡者数


レソトの病気による死亡者数は75,805人です。

レソトは南アフリカに囲まれた飛び地で、立憲君主制の国家です。首都はマセル。1966年にイギリスから独立ています。レソトの平均寿命は非常に低く、49歳です。

レソトで多い病気


エイズや結核患者の数が非常に多く、2014年には15〜49歳の成人のほぼ23%が感染し、9000人以上がエイズ関連の死亡者です。エイズに感染した人の80%結核にも感染しています。

下気道感染症
マイコプラズマ肺炎のようなウイルス性の感染症にかかる人も多く10万人あたり年間120人が死亡しています。これらの感染症の主な要因は、調理などに利用される薪や石炭などの固形燃料による家庭の大気汚染です。

下痢性疾患
下痢性疾患は日本でも幼児の死亡要因の第二位です。不衛生な水の使用などにより引き起こされる事が多く、衛生面の改善により防ぐ事が可能です。

非感染性疾患
喫煙、飲酒、高血圧、肥満などの近代的な病気の多くで、近年増加しています。最も一般的な非感染性疾患は、心血管疾患、糖尿病、癌などです。レソトでは2014年に非感染性疾患が総死亡者数の27%を占めています。

南スーダンの病気による死亡者数


南スーダンの病気による死亡者数は67,989人です。

 南スーダンは内戦が続いてきて、非常に不安定な国内情勢、高い貧困率に現在も苦しんでいます。

南スーダンで多い病気


黄熱病
黄熱病は南アメリカとアフリカの熱帯地域で見られる一般的なウイルスです。蚊を媒介した感染症で、スーダンで最も一般的な病気の1つになっています。

リフトバレー熱
リフトバレー熱ウイルスによる感染症です。2007年から2010年にかけて、蚊を媒介してリフトバレー熱の感染爆発がスーダンで記録されています。感染した家畜の血液や肉を介して人間に病気を感染させる可能性があります。

ギニアワーム病
寄生虫メジナ虫、ギニアワームによって引き起こされる感染症で、寄生虫がいる汚染された飲料水などにより引き起こされる病気です。感染者は手や足に水ぶくれを発症し、そこから寄生虫が最終的に出現という恐ろしい病気ですが、治療法あります。

髄膜炎菌性髄膜炎
髄膜炎菌性髄膜炎は、脳と脊髄の内層の炎症を引き起こす細菌性疾患です。これは、人から人へと伝染する呼吸器疾患で、密集した場所などでは発生する可能性が高くなります。

マラリア
メスのハマダラカに刺されて人間に感染するマラリアは、スーダンで最も一般的な病気の1つです。南スーダンのすべての地域で症例が見られ、マラリアに感染するリスクは非常に高くなり予防接種が必要になります。

エイズ南スーダンでも非常にエイズ患者が多く、世界のエイズ患者の3分の2が南アフリカに存在しているとされます。

モザンビークの病気による死亡者数


モザンビークの病気による死亡者数は65,564人です。

 モザンビークは、貧困と政情不安に苦しむ東アフリカの国です。国民の約半数が貧困層で非常に厳しい生活をおくっています。

モザンビークで多い病気


 モザンビークで感染者が多い病気は、A型肝炎、マラリア、腸チフス、コレラ、B型肝炎、狂犬病、黄熱病になります。

 モザンビークの暖かい熱帯の環境下では、蚊、ダニ、ノミなどを媒介した感染症を蔓延させやすい環境になります。予防接種を受けている観光客などには大きな問題ではありませんが予防接種を受けていない人に住民などには脅威となり、死亡するケースも多くなっています。

 モザンビークでも汚染された水が多く、衛生的な水を利用する事が病気を防ぐ方法になりますが、衛生的な水を利用できない人が非常に多くなってます。

パプアニューギニアの病気による死亡者数


パプアニューギニアの病気による死亡者数は63,819人です。

 パプアニューギニアはインドネシアと国境を接する国で、800万人の88%が地方に住んでいます。

パプアニューギニアで多い病気


パプアニューギニアもアフリカ同様に衛生的な生活を送る人は富裕層などで、貧困層は汚染された水などにより下痢、腸チフス、コレラなどの病気にかかるリスクが高くなります。さらに、パプアニューギニアの熱帯気候に自生する寄生虫を媒介してマラリアや日本脳炎を広める可能性があります。これらの病気により死亡するケースも多く、何らかの対策をとる必要があります。

まとめ


衛生的な生活を送ることにより病気の発生を防ぐ事ができる可能性が大きくなります。しかし、インフラ整備や環境を整えるのには莫大なコストがかかり、現在は先進国の援助に頼る国々も多く難しくなっています。

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Health, Life