Image:https://pixabay.com

Food

世界のリンゴ 消費量ランキング

「リンゴ」は比較的に涼しい土地で栽培される植物あり、果物の栽培が難しい寒冷な土地で多く栽培されています。

リンゴはどの国でどのくらい消費しているのでしょうか?

世界のリンゴ
消費量ランキング

世界のリンゴ消費量
世界一位 セントクリストファー・ネイビース
世界二位 アメリカ
世界三位 ハンガリー

世界のリンゴ消費量ランキング
Apples and products - Food supply quantity

世界消費量
(kg)
2021年
消費量
(300g)
2021年
1セントクリストファー
ネイビース
(Saint Kitts
and Nevis)
62.06206.86
2アメリカ
(America)
51.86172.86
3ハンガリー
(Hungary)
39.19130.63
4テュルキエ
(Turkiye)
37.77125.90
5アルバニア
(Albania)
36.20120.66
6オランダ
(Netherlands)
35.88199.60
7セーシェル
(Seychelles)
35.01116.70
8セントビンセント
グレナディーン
(Saint Vincent and
the Grenadines)
32.64108.80
9ポルトガル
(Portugal)
31.35104.50
10ルーマニア
(Romania)
30.45101.50
11モルディブ
(Maldives)
29.8699.53
12韓国
(Korea)
28.5395.10
13ノルウェー
(Norway)
26.8089.33
14ウズベキスタン
(Uzbekistan)
26.6588.83
15中国
(China)
24.8382.76
16アイスランド
(Iceland)
24.7382.43
17イギリス
(U.K)
24.4581.50
18ベラルーシ
(Belarus)
22.6075.33
19南アフリカ共和国
(South Africa)
22.6075.33
20オーストリア
(Austria)
22.4174.70
21ルクセンブルク
(Luxembourg)
22.3774.56
22ロシア
(Russia)
21.8672.86
23カナダ
(Canada)
20.0666.86
24モルドバ
(Moldova)
19.8666.20
25ベルギー
(Belgium)
19.5065.00
26モロッコ
(Morocco)
19.2464.13
27ドミニカ国
(Dominica)
19.1363.76
28オーストラリア
(Australia)
19.1263.73
29イラン
(Iran)
19.0463.46
30ドイツ
(Germany)
18.8662.86
31セルビア
(Serbia)
18.5361.76
32フランス
(France)
18.5161.70
33デンマーク
(Denmark)
18.0160.03
34カザフスタン
(Kazakhstan)
17.1757.23
35バーレーン
(Bahrain)
16.7955.96
36スウェーデン
(Sweden)
16.6355.43
37セントルシア
(Saint Lucia)
16.5755.23
38ニュージーランド
(New Zealand)
16.3954.63
39ウクライナ
(Ukraine)
16.1853.93
40フィンランド
(Finland)
16.0953.63
41アゼルバイジャン
(Azerbaijan)
15.7352.43
42エストニア
(Estonia)
15.1650.53
43アルメニア
(Armenia)
14.7349.10
44カザフスタン
(Kazakhstan)
14.6048.66
45ニューカレドニア
(New Caledonia)
14.5648.53
46シリア
(Syria)
14.5448.46
47レバノン
(Lebanon)
14.4648.20
48ウルグアイ
(Uruguay)
14.4648.20
49アラブ首長国連邦
(AUE)
14.3547.83
50スロベニア
(Slovenia)
14.2547.50
51イタリア
(Italy)
13.5145.03
52カタール
(Qatar)
13.3144.36
53チェコ
(Czech)
13.2444.13
54モンテネグロ
(Montenegro)
13.1343.76
世界平均11.5838.60
日本
(Japan)
10.3034.33
出典: ©United Nations Food and Agriculture Organization
上記のデータを元にFumib.netがリストを制作

各国のリンゴ
消費量ランキング

食料供給量(Food supply quantity)
基準にしているバランスシートは「輸出・輸出量」「家畜の飼料量」「種子として使用する量」「保管および輸送中の損失」「人間が消費可能な食料供給量」が区別されており、この記事は「供給量を消費量として計算」しています。

理由は「一人ひとりの消費量を正確に把握する事は不可能」「生食以外に加工品として利用」「利用されないまま廃棄される」など目的が異なる消費が混在している事から、単純にわかりやすい供給量を消費量として計算しています。

リンゴの歴史
リンゴは北コーカサス地方(ジョージア・アルメニア・テュルキエなど)が原産とされており、そこから「バルガン半島」「ギリシャ」を介して紀元前に「イタリア」に伝わります。古代ローマでは「リンゴ栽培」をおこなっていた事が「ガイウス・プリニウス・セクンドゥス」の「博物誌」に記されており、30種程度のリンゴが栽培されていました。

日本には「平安時代」に「中国」から伝わりますが、一般的に消費されるようになるのは「明治時代」に「アメリカ」から伝わった西洋リンゴです。

16世紀にはヨーロッパでリンゴの栽培が商業的に開始され、ヨーロッパからアメリカへ渡った移民がアメリカで生産を開始します。

セントクリストファー
ネイビース
リンゴ 消費量

セントクリストファー・ネイビース
リンゴ消費量
2021年のセントクリストファー・ネイビースのリンゴ消費量は一人あたり62.06kgです。

国内でリンゴ栽培をしていない
セントクリストファー・ネイビースは「熱帯」に属しており、リンゴの栽培に適した土地を有していません。多くのリンゴが国内に輸入され、自国で生産される南国のフルーツなど共に消費されます。

果物の消費が非常に多い国
カリブ海の島国は果物を主食とする人も多く、国内で非常に多くの果物が消費されます。

アメリカ
リンゴ 消費量

アメリカのリンゴ消費量
2021年のアメリカのリンゴ消費量は一人あたり51.86kgです。

アメリカの果物消費量は多い
アメリカは日本と比べ果物の消費量が非常に多く、ヨーロッパの国々よりも多くのリンゴが消費されます。

主に南西部の「カルフォルニア州」などの「南部」で多く生産される傾向がありますが、州の気候を活かした果物生産がおこなわれており、州により生産される果物が大きく異なります。

アメリカと日本の果物の違い
消費される果物の種類は日本とあまり変わりませんが、日本で消費が少ない「クランベリー」「ラズベリー」などのベリー系がなども多く消費します。

リンゴの消費は生食以外に「サラダ」「ジュース」「ジャム」「パイ」など様々な形でリンゴを消費します。

ハンガリー
リンゴ 消費量

ハンガリーのリンゴ消費量
2021年のハンガリーのリンゴ消費量は一人あたり39.19kgです。

ハンガリーのリンゴ生産地
主にドナウ川の東にある「アルフェルド地方」、中北部の「トランシルバニア山地」、南部の「バルガン半島」などでリンゴ栽培がおこなわれ、国内で日常的に栽培される果物の一つです。

ハンガリーのリンゴの利用
バルガン半島は歴史的に古くから栽培される果物であり、生食以外に料理や加工に利用されます。海外にも輸出され、「ジュース」「ジャム」「デザート」などに利用されます。

テュルキエ
リンゴ 消費量

テュルキエのリンゴ消費量
2021年のテュルキエ(旧トルコ)のリンゴ消費量は一人あたり37.77kgです。

リンゴの名産地
テュルキエ北部はリンゴの「原産地」の一つとして考えられており、6000~8000年以上前からリンゴが存在していたとされます。

現在は古代種のようなリンゴを見つける事は出来ませんが、国内で多くのリンゴを生産しており、日本の品種「フジ」なども栽培されています。

一人当たりの消費量も非常に多い
トルコで一番多く生産される果物は「ブドウ」であり、国内で生産される果物の1/4がブドウです。「ブドウ」「リンゴ」「オレンジ」「オリーブ」「ミカン」の順に多く生産されており、国民一人当たりの果物消費量も非常に多くなります。

トルコの気候
トルコは「雨」が少ない国であり、主に「灌漑農業(人工的に水を引き込む農業)」により野菜や果物の生産がおこなわれます。近年、農業に利用される「地下水」の水位が低下しており、慢性的な水不足に陥っています。

アルバニア
リンゴ 消費量

アルバニアのリンゴ消費量
2021年のアルバニアのリンゴ消費量は一人あたり36.20kgです。

アルバニアのリンゴ生産地
主に西部の「ドゥラス州」、中部の「ティラナ州」「エルバサン州」、南西部の「ヴロラ州」でリンゴ生産がおこなわれており、中部から南部にかけて多くのリンゴが生産されます。

アルバニアのリンゴの利用
アルバニアの長い歴史の中で古来からリンゴ栽培がおこなわれており、国内で多く消費される果物の一つです。

収穫期には市場に非常に多くのリンゴが並び、消費も増加します。アルバニアはリンゴが生食以外に調理や加工され、海外にも輸出しています。

オランダ
リンゴ 消費量

オランダのリンゴ消費量
2021年のオランダのリンゴ消費量は一人あたり35.88kgです。

オランダのリンゴ生産地
主に北東部の「フリースラント州」などで多くのリンゴが生産されています。

「リンゴソース」
オランダでは伝統的に「Appelmoes:リンゴのムース」が作られ、肉料理のソースなどとして利用されます。リンゴは国内で一般的に消費される果物の一つであり、国内で生産される以外に海外からもリンゴを多く輸入しています。

セーシェル
リンゴ 消費量

セーシェルのリンゴ消費量
2021年のセーシェルのリンゴ消費量は一人あたり35.01kgです。

セーシェルのリンゴ消費
セーシェルは「熱帯」に属し、リンゴの生産はほとんどおこなわれていません。国内で消費されるリンゴは主に輸入品であり、「南アフリカ」「ヨーロッパ」「アジア」などから輸入しています。

観光客が多い国
セーシェルは観光業が発達している国であり、観光客に提供される食品が多くなります。国内で栽培される果物は南国の果物が多く、輸入される果物も多く提供されます。

セントビンセント
グレナディーン
リンゴ 消費量

セントビンセント・グレナディーン
リンゴ消費量
2021年のセントビンセント・グレナディーンのリンゴ消費量は一人あたり32.64kgです。

セントビンセント・グレナディーンの果物
セントビンセント・グレナディーンは「熱帯」に属しており、「マンゴー」「パッションフルーツ」「バナナ」「パパイヤ」などの南国の果物が国内で生産されています。

リンゴの生産に適していないため、生産は限定的であり、国内で提供されるリンゴは輸入品です。

ポルトガル
リンゴ 消費量

ポルトガルのリンゴ消費量
2021年のポルトガルのリンゴ消費量は一人あたり31.35kgです。

ポルトガルのリンゴ生産地
主に南部の「アルガルヴェ地方」、東部の「リズボン地方」、北部の「ノルテ地方」でリンゴ栽培がおこなわれています。

国内で消費される重要な果物
リンゴ栽培はポルトガルの気候に適しており、国内で盛んにリンゴ生産がおこなわれています。国内で多く消費される果物の一つであり、生産したリンゴは海外へも輸出しています。

ルーマニア
リンゴ 消費量

ルーマニアのリンゴ消費量
2021年のルーマニアのリンゴ消費量は一人あたり30.45kgです。

ルーマニアのリンゴ生産地
主に中部の「トランシルバニア山地」、南部の「ムンテニア地方」、「カルパティア山脈」などで栽培がおこなわれています。

ルーマニアのリンゴの利用
生食以外に調理や加工品に利用され、海外へも輸出しています。

伝統的に「アップルパイ」などが家庭料理として提供される事が多く、すり潰したリンゴに「シナモン」「レーズン」「レモンの皮」などを加えたアップルパイが伝統的に作られます。

ウズベキスタン
リンゴ 消費量

ウズベキスタンのリンゴ消費量
2021年のウズベキスタンのリンゴ消費量は一人あたり26.65kgです。

ウズベキスタンのリンゴ生産地
主にに東部の「フェルガナ渓谷」で多くのリンゴが生産されており、国内で多く消費されます。また、輸出もおこなっており、主に隣国に輸出しています。

ウズベキスタンのリンゴの消費
リンゴをサラダに加える事が多く、頻繁に消費されます。また、ウズベキスタンでは「リンゴのデザート」が多く、「リンゴパイ」「ジャム」などは国内で伝統的に消費されています。

オーストリア
リンゴ 消費量

オーストリアのリンゴ消費量
2021年のオーストリアのリンゴ消費量は一人あたり22.41kgです。

オーストラリアのリンゴ生産地
主に南部の「南オーストラリア州」、南東部の「ビクトリア州」、東部の「ニューサウスウェールズ州」、南東部の島「タスマニア州」など南部から東部でリンゴ生産がおこなわれています。

リンゴが伝わったのは18世紀
オーストラリアにリンゴが伝わったのは18世紀後半であり、入植者によりもたらされた外来種です。

オーストラリアは他の国々と大きく離れており、古い生態系が残る貴重な場所であり、現在は多くの輸入品の持ち込みを禁止しています。

スロベニア
リンゴ 消費量

スロベニアのリンゴ消費量
2021年のスロベニアのリンゴ消費量は一人あたり14.25kgです。

スロベニアのリンゴ生産地
東部の「ポドラヴィェ地方」、南部の「ポモージェ地方」、北部の「ゴーリシュカ・ブランス地方」などで多くのリンゴが生産されています。スロベニアは温暖な気候を有しており、リンゴの生産が盛んです。

スロベニアのリンゴの利用

隣国同様に収穫期にはマーケットで多くのリンゴが販売され、消費量も大きく増加します。加工品も多く、海外輸出もおこなっています。

まとめ

日本のリンゴ
日本は非常に多くのリンゴの品種改良をおこなっており、国内で様々なリンゴを食べる事ができます。しかし、消費量は世界平均を下回っており、

今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

サムネイル: 「Pixabay」から商用利用可能な写真を加工・利用しています。

-Food