Food Health

世界の年間アルコール消費量(Kg換算)

世界中で摂取されているアルコール。世界ではどのくらいアルコールが摂取されているのでしょうか?

記事の内容

世界の年間アルコール消費量(Kg換算)
各国の年間アルコール消費量(Kg換算)

世界の年間アルコール消費量(Kg換算)

年間アルコール消費量(Kg換算)世界一はブルキナファソ世界二位はアイルランド世界三位はチェコです。

世界の年間アルコール消費量(Kg換算)
Per capita alcohol consumption, kilograms per year

消費量
(Kg)
1ブルキナファソ
(Burkina Faso)
Population: 20,321,400
205.07
2アイルランド
(Ireland)
Population: 4,882,500
177.50
3チェコ
(Czech)
Population: 10,689,200
155.80
4エストニア
(Estonia)
Population: 1,325,600
153.34
5ルクセンブルク
(Luxembourg)
Population: 615,700
150.05
6オーストリア
(Austria)
Population: 8,955,100
143.89
7リトアニア
(Lithuania)
Population: 2,759,600
131.52
8ドイツ
(Germany)
Population: 83,517,000
127.83
9ポーランド
(Poland)
Population: 37,887,800
113.77
10オーストラリア
(Australia)
Population: 25,203,200
111.80
11ベルギー
(Belgium)
Population: 11,539,300
105.96
12ルーマニア
(Rumania)
Population: 19,364,600
103.03
13スペイン
(Spain)
Population: 46,736,800
98.58
14スイス
(Switzerland)
Population: 8,591,400
97.75
15フィンランド
(Finland)
Population: 5,532,200
96.71
16ポルトガル
(Portugal)
Population: 10,226,200
96.12
17ブルガリア
(Bulgaria)
Population: 7,000,100
95.35
18クロアチア
(Croatia)
Population: 4,130,300
95.32
19ハンガリー
(Hungary)
Population: 9,684,700
94.69
20デンマーク
(Denmark)
Population: 5,771,900
94.13
21アメリカ
(America)
Population: 335,624,927
93.90
22イギリス
(U.K)
Population: 67,530,200
93.14
23ガボン
(Gabon)
Population: 2,172,600
90.52
24ラトビア
(Latvia)
Population: 1,906,700
90.16
25スロベニア
(Slovenia)
Population: 2,078,700
86.57
26アイスランド
(Iceland)
Population: 339,000
86.28
27カナダ
(Canada)
Population: 37,411,000
84.75
28スロバキア
(Slovakia)
Population: 5,457,000
83.37
29パナマ
(Panama)
Population: 4,246,400
82.45
30アンゴラ
(Angola)
Population: 31,825,300
81.99
31ナミビア
(Namibia)
Population: 2,494,500
81.82
32ロシア
(Russia)
Population: 145,872,300
79.78
33スウェーデン
(Sweden)
Population: 10,036,400
79.52
34ベラルーシ
(Belarus)
Population: 9,452,400
78.94
35ボスニア・ヘルツェゴビナ
(Bosnia and Herzegovina)
Population: 3,301,000
78.20
36セルビア
(Serbia)
Population: 8,772,200
77.94
37ニュージーランド
(New Zealand)
Population: 4,783,100
77.35
38オランダ
(Nederland)
Population: 17,097,100
76.88
39カメルーン
(Cameroon)
Population: 25,876,400
76.44
40韓国
(Korea)
Population: 51,225,300
76.22
41南アフリカ共和国
(South Africa)
Population: 58,558,300
75.01
42ウガンダ
(Uganda)
Population: 44,269,600
73.52
43ブラジル
(Brazil)
Population: 211,049,500
72.43
44エスワティニ
(Eswatini)
Population: 1,148,100
72.27
45アルゼンチン
(Argentine)
Population: 44,780,700
71.17
46フランス
(France)
Population: 65,129,700
71.16
47ノルウェー
(Norway)
Population: 5,378,900
70.28
48ウクライナ
(Ukraine)
Population: 43,993,600
69.85
49ベネズエラ
(Venezuela)
Population: 28,515,800
68.73
50ニューカレドニア
(New Caledonia)
Population: 275,355
66.96
51タンザニア
(Tanzania)
Population: 58,005,500
66.60
日本
(Japan)
Population: 125,810,000
46.60
Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) (2017)
http://www.fao.org/faostat/en/?#data/

各国の年間アルコール消費量(Kg換算)


アルコール度数の低いビールなどの消費量が多い国がキログラム換算では多くなっています。

ブルキナファソの年間アルコール消費量(Kg換算)


ブルキナファソでは年間205.07㎏のアルコールを摂取しています。

ブルキナファソは、西アフリカの内陸に位置する国で、約274,200平方キロメートル(日本の約70%)の面積、6つの国に囲まれています。東にニジェール、南東のベナン、南東にトーゴ、南のガーナ、南西にコートジボワールです。

ブルキナファソではミレット(アワやヒエ)を発酵させて作った「ドロ」と呼ばれるミレットビールが家庭で作られ飲酒されます。ブルキナファソ全体ではドロは73%、ビールが18%、スピリットなどの蒸留酒が5%、ワインが3%飲酒されています。

ブルキナファソはアルコールによる死亡者が非常に多い国です。成人の63%がアルコールを摂取しませんが、アルコールを飲むブルキナファソ人は、大量のアルコールを摂取する人が多く、アルコールによる事故、疾患が多くなっています。

ブルキナファソの男性の3%以上がアルコール使用障害有していて、アルコールによる肝硬変の患者が年間1300人以上存在していて、1600人以上がアルコール関連の交通事故で死亡しています。

アイルランドの年間アルコール消費量(Kg換算)


アイルランドでは年間177.50㎏のアルコールを摂取しています。

アイルランドではアイルランド全体でビールが47%、ワインが28%、スピリットなどの蒸留酒が19%飲酒されています。

アイルランドはヨーロッパでアルコールの消費率が最も高い国の1つで、男性の58%以上女性の33%以上が日常的に飲酒します。アルコール使用障害者も非常に多く、一日に約3人がアルコールによる疾患により死亡していています。

日本でもアルコール依存症の克服や他のアルコールによる苦しみを分かち合う団体「アルコーリック・アノニマス」は1940年にアイルランドで設立され、現在では180の国々に存在しています。

アイルランドの飲酒量が多い原因は単純に醸造、蒸留を行う施設が非常に多く、国内で多くの酒を生産しています。

アイルランドの酒は人気があり、世界中で飲酒されています。

チェコの年間アルコール消費量(Kg換算)


チェコでは年間155.80㎏のアルコールを摂取しています。

チェコではチェコ全体でビールが54%、スピリットなどの蒸留酒が25%、ワインが21%飲酒されていています。チェコでは非常にビールの人気が高く、男性の50%と女性の28%が少なくとも週に1回はアルコール飲料を飲酒しています。全体の消費量は2014年以降増加していて、2020年の数値は過去3年間で最高値を記録しています。

飲酒運転の死亡事故なども増加していて、交通事故による死亡事故の10%が飲酒運転によるものです。(2020年)

エストニアの年間アルコール消費量(Kg換算)


エストニアでは年間153.34㎏のアルコールを摂取しています。

エストニアは観光客が多く、 観光客が購入するアルコールの量が非常に多くなっています。2020年、2021年はコロナウイルスの関係で観光客の数が大幅に減少し、観光客が購入するアルコールの量はほぼ半分(-47.4%)減少し、エストニアの販売量(2019年には38%)の21%を占めています。

エストニアでは2019年7月にアルコールの関税率が25%ひきさげられ、隣国のラトビアへ安い酒類を買いに行くエストニア人を減少しています。国内のアルコールの値下げは国内の飲酒量の増加を招く恐れがあり、関税率の引き下げに疑問を感じる人も非常に多くなっています。

ルクセンブルグの年間アルコール消費量(Kg換算)


ルクセンブルグでは年間150.05㎏のアルコールを摂取しています。

ルクセンブルグではルクセンブルグ全体でワインが45%、ビールが35%、スピリットなどの蒸留酒が20%飲酒されています。

ルクセンブルグは小さな国で、隣国に酒を購入する人も多く、隣国の安いスピリットなどの蒸留酒を購入し、ルクセンブルグ国内で消費、ルクセンブルグを訪れる観光客に提供しています。

ルクセンブルグ人の3人に1人が週に一度は飲酒をしていています。大酒を飲む人も多く、酒による健康被害や死亡事故も多く発生しています。

日本の年間アルコール消費量(Kg換算)


日本では年間46.60㎏のアルコールを摂取しています。

日本では焼酎などの蒸留酒が74%、ビールが21%、ワインが5%飲酒されています。日本人も非常に多くの酒を飲んでいる印象がありますが、リットル換算では世界50位以下です。

まとめ


今回は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Food, Health